高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


日米中韓、比べて見えた今どき高校生の姿 (2)ICT活用が遅れている日本の高校生

2017/07/03  59 views

3cd19766ad7458de9db2d70b604cfba7_m

生まれた時からスマホやパソコンに囲まれ、ネットがあるのは当たり前の「デジタルネイティブ」。そんな日本の高校生が遅れている?意外な調査結果に驚かれる方が多いのではないでしょうか。

前回は、日米中韓4か国の比較調査結果から浮かび上がった、日本の高校生の「勉強の仕方と人生観」についてご紹介しました。今回は、他国の高校生と大きな差が出た「ICT(情報通信技術)の活用」に関する項目から、気になる点について考えてみたいと思います。

ICTスキル最下位!?

平成29年3月、国立青少年教育振興機構から公表された「高校生の勉強と生活に関する意識調査報告書(日本・米国・中国・韓国の比較)」を見てみましょう。

ICT(通信情報技術)の活用について「よくする」「時々する」「あまりしない」「まったくしない」の4段階の回答のうち「よくする・時々する」を合計した数値のグラフはかなりショッキングです。

日本の高校生のICTスキルは5項目すべてにおいて最も低い数値。しかも他の3か国の高校生との差が大きいのです。それぞれトップの国と並べた数値を見てみます。
「Wordなど文章ソフトを使うこと」(米国85.6%、日本20.8%)
「Excelなど表計算ソフトを使う事」(米国27.1%、日本13.1%)
「PowerPointなどプレゼンテーションソフトを使うこと」(米国74.5%、日本11.1%)
「自分のブログやホームページを作成・更新すること」(中国29.6%、日本8%)
「簡単なプログラミングをすること」(韓国23.4%、日本4.8%)

常にITに囲まれ、使いこなしているようにみえる彼らですが、社会で仕事をするときに使うことの多い、ごく一般的なソフトウェアにはなじみがないことがわかります。

インターネットの活用

では、インターネットの学習利用に関する項目はどうでしょう。どの国でも「ニュース関連の情報をみること」は7割を超えています。また「インターネットでの勉強は効果的である」という認識も共通です。

しかし他の面では、日本は一番低い数値であり、次の項目ではかなり低い値を示しているのが気になります。
「インターネット上の質問サイトにわからないことを質問すること」(7%、韓国40.8%)
「インターネット上にある練習問題や試験対策問題をとく」(13.7%、米国47.6%)
「学習ソフトやアプリを使って勉強すること」(29.2%、中国72.7%)

「情報」の授業はあるけれど

高校の教科学習として「社会と情報」「情報の科学」の2科目があります。学習の目標は「情報及び情報技術を活用するための知識と技能を習得させ、(中略)社会の情報化の進展に主体的に対応できる能力と態度を育てる」となっていますが、十分に効果をあげているとは言えないようです。

仕事を始めてから、並行して必要なICTスキルを身に付けていくことは可能です。しかし、他の国の高校生たちは既にICTやインターネットを学習や自己表現のツールとして「利用し」「使いこなして」います。

生活や仕事に欠かせない情報通信技術。高校生の積極的な活用をうながす取組みが、必要なのではないでしょうか。


関連記事

高卒就職2018、採用テクニック(3) なにが違うの?「指定校求人」と「公開求人」のメリット・デメリット

高卒で就職する高校生の採用にはさまざまなルールがあります。求人の出し方もそのひとつ。高校生新卒採用の際にどちらかを選ばなければならない「指定校求人」と「公開


高卒就職2018、採用テクニック(2) 高校生が重視するポイントは給与、勤務地、離職率

高校生は、高卒での就職先を何に注目して選んでいるのでしょうか?高卒新卒向けの求人票は全国統一フォーム。たくさんの求人票を見比べるために、ポイントを絞ってチェ


高卒就職2018、採用テクニック(1) 春に活動開始!7月求人票公開までにやっておきたい3つのこと

出遅れないで!2018年高卒新卒採用 2018年度の高卒新卒採用も高校生の売り手市場が予測されます。高校生の採用活動はハローワークへ求人申込み書を出す6月


持って欲しいのは「見通しを立てる力」 高校生に伝えておきたい早期離職のリスク

高卒で就職した若者の4割が3年以内に退職しています。1年以内の退職者は平成28年3月のデータで17.2%。低下傾向にあるものの、短期間で離職してしまうケース


「脱・保護者」へモード転換の時 。高校生の「自立」を支援する関わり方

高校生になったお子さんへの接し方、意識的に変えていますか?高校生期は子どもから自立した大人へと変化していくうえで重要な時期です。親も「保護者」という感覚を少