高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


自分に合う仕事ってなんだろう… 迷って当然!決められなくてOK!探そうキミの未来

2017/09/06  68 views

最終更新日: 2018-09-08

611c8e8cb72e791eda2b577a29a88c6a_m

進路、どうしよう…

「将来はこんな自分になる!」と明確に決めている高校生…そんな友達の顔、思い浮かびますか?中にはそんな「すごい人」もいますが、進路決定の入り口で立ち止まってしまっている人が結構多い、というのが現実ではないでしょうか。

真面目に考えると心配になりそうで、考えること自体を避けている人もいるかもしれません。高校を卒業したら未知の世界に進むわけですから、不安になったり、悩んだり、迷うのも自然なことです。

不安を軽くするにはどうしたらいい?

未来に対する不安や悩みの原因を少し考えてみましょう。「何があるか」「どんな所か」「どんな人がいるか」がわからないから、知らないから、ではありませんか?必ずやってくる高校卒業という「学校を旅立つ日」。次の世界にいる自分を想像するために、どんな選択肢があるのかを探し始めてみてください。

といっても、何もむずかしいことをする必要はありません。まずは思いついたキーワードをスマホで検索したり、身近な人と話し合ったりすることから始めてみてはいかがでしょうか。興味は「芋づる式」にわいてきたりします。「これだ!」と思える何かに出会うかもしれませんよ。

「情報」から「経験」へ

さて、ネットの記事や口コミ、友人・先輩・先生・家族の話しなどで情報収集ができたとします。見聞きしたことは貴重な情報、でもまだ自分のことではありませんよね。もう少し自分にひきよせて、想像したり考えたりできるようになりたいものです。

高校卒業後の進路を「なんとなく」選ぶと「思っていたのと違う!」というギャップを感じる可能性が大きくなります。どんな感じなのかな?と思ったらまずは調べてみて、興味がわいたらぜひ自分で確かめてみてください。便利な世の中ですから「知りたい」と思ったら、たいがいのことは糸口がありそうです。

自分で決める!

高校を卒業したら、その後のほとんどのことは自分で決めることになることでしょう。コワイ言い方をすれば、「自分で決めなければならない」のです。情報を集め、自分のこととして考え、未来を切り開いていく練習を始めましょう!

おすすめしたいのは「身体を動かし、大人に会う」こと。高校在学中でも、学校外の世界に触れる機会は求めればたくさんあります。学校のカリキュラムとしてのインターンシップや、個人的に参加できる仕事体験などは社会人と交流するチャンス。仕事をする大人の話しをぜひ聞いてみてください。

「求めよ、さらば与えられん」

進学をするとしても、いずれは皆社会に出て仕事をしますよね。高校卒業後の進路は、その後の社会人としてのキャリアに大きく影響するもの。なかなか決められない!と迷ったり、悩んだりしている皆さん、少しずつでも情報を集め、行動し、考えてみてください。背中を押してくれる何かに出会うかもしれませんよ!


関連記事

今、県内就職が熱い!高校生が地元で就職するという選択

高校生の皆さんの中には、「地元で就職するか、県外に出て就職するか」で迷ってる人もいるのではないでしょうか。地域によっては「企業の数が断然多い県外の方が就職しやす


2019夏休み、愛知の高校生インターンシップ情報! やりたい事のヒントが見つかるかも?!

高校生の皆さん!今年の夏休み、インターンシップに参加して「働く面白さ」や「自分のやりたい事のヒント」を発見してみませんか? 最近は、高校生向けのインターン


キャリア教育をもっと身近に! 高校生に「21世紀型スキル」を学ばせよう【前編】

テクノロジーの進化や社会のめまぐるしい変化を背景に、これまでの「教えられる」教育から「自分で学び取る」教育への転換が必要不可欠になってきました。注目を集めている


春から社会人!新卒就職を控えた高校生が今やっておくべきこと

気づけばもうすぐ高校の卒業式、いよいよ新生活が近づいてきましたね。4月から新社会人になるにあたり、期待に胸を膨らませている人、不安な気持ちでいっぱいの人、まだ実


商工会議所がつなぐインターンシップ! 「地元企業×地元高校」新発田商工会議所

商工会議所がインターンシップ? 「地元の若者に興味を持ってもらいたい」と考えていらっしゃる企業のご担当者の皆さん、高校生のインターンシップを受け入れてみま