高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


実施率100%!充実の北海道立高校インターンシップ事情

2019/04/11  80 views

インターンシップ実施率100%?!

高卒(北海道インターンシップ)

高校卒業後の進路選択に関わるキャリア教育の一環として、高校生にこそ必要不可欠なインターンシップ。北海道の道立高校では、実施率が100%だということを、ご存知でしょうか?2009年度から10年連続で100%の実施率を誇る北海道の高校生インターンシップ。北海道教育委員会の調査結果をもとに、北海道のインターンシップの取組みについて、ご紹介したいと思います。

インターンシップの実施状況

・実施する学年は2学年が最も多い
・3年間を通して複数回体験した生徒は全体の65.6%
・実施日数は1日間がもっとも多く、次に3日間、2日間と続く
(最も長いのは置戸高校の福祉科の実習で34日間)
・インターンシップ前後の指導にかけた時間は、どちらも1~5時間が最も多い

重視している指導内容

【事前指導】
・インターンシップの目的を生徒に決めさせ、確認させる指導
・マナーに関する指導

【事後指導】
・レポートの作成や報告書でインターンシップでの経験を評価させる指導
・意見交換会や発表会を通して、成果や体験を共有する指導

インターシップに関する成果

【生徒】自分の将来の進路に対する意識を明確に持つことができた
【受入れ事業所】生徒や学校に自社の事業内容などを、実際に見て、理解してもらえる場になった
【保護者】子供が真剣に自分の進路を考えるようになった

インターンシップの機会を作るだけではなく、事前指導や事後指導を通して、生徒に目的や意義をしっかり伝え、意見交換会や発表会の場で体験をフィードバックすることで、実感をもって理解できるような取り組みが定着しているようです。

インターンシップの効果は離職率にも!

北海道労働局のHPに掲載されている「高卒新卒就職者の離職状況」によると、高卒者の早期離職率が年々低下しているのが分かります。インターンシップの取組みの効果が数字として表れた結果ではないでしょうか。

インターンシップはなぜ必要なのか?

高校生のインターンシップは,1999年に旧文部省が教育国を目指して掲げた、「教育改革プログラム」を発端に、各都道府県において取組みが進められてきました。20年たった今、キャリア教育とインターンシップの必要性はますます高まっており、早い段階でのキャリア教育やインターンシップの経験の場を生徒に与えようとする取組みも活発になっています。

将来の進路に関係した職業体験をすることは、職業観や勤労観を育成するためにも、全ての高校生に必要なものです。もちろん、能力を身につけたり技術を学んだりすることも大切ですが、インターンシップの意義は「人生観・仕事観を自ら考える」「学生生活でやるべきことを明確にする」の2点に尽きるのではないでしょうか。

インターンシップを通して、高校生が自分の進路を主体的に決定する意欲を持たせることは、教育活動としてとても大切な意味を持ちます。インターンシップは「働くこと」と「学ぶこと」を繋ぐための貴重な手段として期待されているのです。

インターンシップを通して、普段とは違う環境に身をおくことで、高校生はさまざまな事を学ぶことができます。その経験は、具体的な将来イメージを持って、充実した学校生活を送ることに繋がるでしょう。ぜひ、早い段階で高校生にインターンシップを経験させる環境を整えてあげたいものです。


関連記事

高校生インターンシップinビジネスホテル「ドーミーイン」! 「職業体験」でやりたい仕事を発見しよう

近年、早い段階でのキャリア教育の重要性が注目されています。高校生対象のインターンシップを開催する企業も増えてきました。インターンシップとは、高校生の皆さんが


高校生に仕事の魅力をアピール!~長崎県内企業の取組み~

就職を希望する高校生に、会社への興味と理解を深めてもらう目的で行われる「会社説明会」。時間と労力をかけて準備するからには、多くの高校生に応募してもらえる説明会に


2019夏休み、愛知の高校生インターンシップ情報! やりたい事のヒントが見つかるかも?!

高校生の皆さん!今年の夏休み、インターンシップに参加して「働く面白さ」や「自分のやりたい事のヒント」を発見してみませんか? 最近は、高校生向けのインターン


キャリア教育をもっと身近に! 高校生に「21世紀型スキル」を学ばせよう【後編】

高校生に社会で働くことをイメージさせるため、さまざまな取組みが行われています。【前編】でご紹介した、教育と探求社のキャリア教育プログラム「クエストエデュケーショ


キャリア教育をもっと身近に! 高校生に「21世紀型スキル」を学ばせよう【前編】

テクノロジーの進化や社会のめまぐるしい変化を背景に、これまでの「教えられる」教育から「自分で学び取る」教育への転換が必要不可欠になってきました。注目を集めている