高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


「知る・体験する・考える」 地元企業で職場体験!東住吉区高校生企業交流事業

2017/11/13  30 views

社会人と高校生の集合写真
高校生の皆さん、長期休暇をどのように過ごしていますか?長いお休みの間に、いつもとは違う体験に挑戦してみてはいかがでしょう。夏休みに地元の企業で職場体験をする大阪府東住吉区での取り組みをご紹介します。昨年の様子を紹介したサイトをチェックしてみました。

東住吉区ゆめ応援プロジェクト

大阪府東住吉区では、区内在住の高校生が地元企業の事業所で2~3日間の仕事体験をする「ゆめ応援プロジェクト」を実施しています。高校生にとっては体験を通じて「まちを担う若者」としての自覚を育て、学校の中だけでは得られない価値観に触れるチャンスとなっています。

高校生レポ

2回目の2016年には21名の高校生が合計11の企業・事業所で仕事体験をしました。それぞれの高校生が感じた企業の魅力が、記事というかたちでアップされています。さまざまな発見、気づきが伝わってくるレポートの数々!内容を少しご紹介します。

音楽大好き高校生

将来、音楽・楽器関係の仕事に就きたい」と考えている高2女子。世界的なドラムメーカーの工場でドラム製作を体験しました。音楽の流れる工場の中で、指導の担当者が変わるたびに「どんな音楽を聴くの?」と聞かれ、お話しをしたことが印象的だったそうです。

彼女が体験を通して発見したのは「向いている仕事」と「やりたい仕事」は違う、ということ。ドラム作りの作業はとても楽しく、黙々と作業をすることも向いていると思ったけれど、やりたい仕事か?と聞かれたら「NO」だそうです。将来の夢や方向性を、よりはっきり考えるきっかけになったのではないでしょうか。

サッカースタジアムでお客様サービス

サッカーチームのグッズやチケット販売、試合日のイベント運営を行う会社で体験をした男女2名。初日は試合日だったのでイベントのお手伝いをしました。社員の皆さんが忙しく動く姿に驚きつつ、徹底してお客様を楽しませる!というさまざまな工夫を感じたようです。イベントの一部である出店を担当した彼ら。お客様の喜ぶ姿は、達成感と接客サービスの魅力を感じる貴重な体験となりました。

2日目は1日目の反省やホームページの改善策などを自分で考え、社員の前でプレゼンを行うという内容。メモを取り、相槌をうちながら真剣に話を聞く社員の方々の様子に「話しやすい雰囲気を作ってもらっている」ことに気づいたそうです。自分の意見が採用されたり、納得してもらえたときの喜びを強く感じた女子生徒。将来の夢にしっかり向き合うきっかけになったようです。

自分で見つけるインターンシップ

2017年の夏にも3回目の事業として、まちや企業の課題を解決する「高校生と地元企業がアイデアをカタチにする夏休みプロジェクト~まちづくり大作戦~」が企画されました。探してみると、個人で応募できるインターンシップ(職場体験)が各地で行われています。将来のことを考える貴重な体験になるはず!トライしてみませんか?


関連記事

不安とギャップを減らす! 高卒向け採用サイト、必須コンテンツTOP3

2018年3月の高卒新卒採用の求人倍率は2.08倍と25年ぶりの高水準を記録。一方、就職を希望する高校生の数は前年より2.6%減少しており、企業にとっては採


バイトはお仕事経験の第一歩! 始める前にチェック!高校生アルバイト雇用のルール

高校生の皆さん、バイトであってもさまざまな労働に関する法律で守られていること、知っていましたか?長期のお休みにアルバイトを始めようか、と考えている方もいるの


あなたの「体験してみたい仕事」がきっとある 冬休みにトライ!自分でチョイスして申し込めるインターンシップ

高1、高2生におすすめ 高校1、2年生の皆さん!自分の未来のこと、考えていますか?高卒での就職を決めている人だけでなく、誰もが近い将来社会人となり何かしら


数学や物理がここまで使える! 「ものづくり」の面白さを知る「エジソンの学校」に注目!

理科や数学の使い道 「数学や化学や物理‥何の役に立つの?」実生活で使う場面がない、と高校生が思っている学校の教科学習。実はさまざまな「ものづくり」を通じて


会社員の仕事にライブで密着 ジョブシャドウで仕事観察体験

仕事の充実感、伝わってますか? 「疲れたー」と帰ってくるお父さんやお母さんの姿を「働く大人」だと思う子どもが多いのかもしれません。仕事を通じて感じる充実感