高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


卒業生に聞いた「今だから大事だとわかるキャリア教育プログラム」(2) あの時はいらないと思ったけど…やっぱり大切「社会人常識・マナー」

2018/01/18  398 views

お辞儀する女性

高校時代は大事だと思わなかったけど…

高校時代の「キャリア教育」プログラム。これは将来役立ちそうだ!と感じるもの、いまひとつピンと来ないもの、さまざまな感じ方があるのではないでしょうか。高校を卒業した先輩方へのアンケート調査に注目し、なかでも高校時代にもっとやっておけばよかった!と考えられている学習内容についてご紹介します。

前回は「思っていた通り役立った」と感じる人の多かった「適性分析」と「世界を知る学習」を取り上げました。2回目は、高校を卒業した後になって必要性を感じる「常識・マナー」を身に付ける機会について考えます。

「社会人・職業人としての常識やマナー」

高校生の日常生活で、目上の人に会い、きちんと敬語を使うチャンスはどのくらいあるでしょうか?最近では、先生に対して友達言葉で話しかける高校生も少なくないようです。家庭と学校が主な活動場所になる高校生にとって、「社会常識やマナー」は意識的に学ばなければ身に付かないものなのもしれません。

なぜ必要になる?常識やマナー

高校生当時、あまり必要性を感じていなかった社会人マナーや常識。どのような時に「しっかりやっておけばよかった!」と思うのでしょう?

まず必要になりそうなのは「面接」でしょうか。高卒新卒での就職を選んだ人は高校3年の秋に採用面接があります。また、進学をする人にとっても、最近多いAO入試では面接のあるケースがほとんど。言葉遣いや立ち居振る舞いに不安があると、自分の良さが発揮できないことがあります。

社会に出れば会社の同僚、上司、取引先など、関わる人に失礼のないよう行動したいものです。ビジネスマナーを知らないばかりに不快に思われてしまったら残念ですよね。

「常識やマナー」の力を鍛えるには?

キャリア教育のカリキュラムの中で、マナー指導が行われることが多いのが、インターンシップの事前指導です。就業体験は単なる見学ではなく、働くことを実際に体験するもの。そのためには、高校生といっても基礎的なビジネスマナーを身に付けておく必要があります。

礼儀作法や挨拶の方法など、基本的なマナーを学習しますが十分な時間をとれない場合が多いようです。インターンシップを受入れる企業からは「仕事を体験して欲しいのに、マナー講習のようになってしまう」という声も。社会人としての常識やマナーを数時間の事前学習で体得するのは無理があるのかもしれません。

特別なことをしなくてもいい?

ではどうすればいいのでしょう…「ビジネスマナーって言われても」と思いますよね。まずは、大人の振舞いを真似するところから始めてみてください。先生方が学校外の方とやり取りする場面や、アルバイト、ボランティアなどで接する「仕事をする大人」の様子が参考になるはずです。

身に付けると自信が持てる!社会人マナー

先輩方が「もっと指導して欲しかった」と考えている「社会人としての常識やマナー」。教わることもできますが、意識して過ごすことで自然に身に付く部分も多いものです。マナーは「お辞儀の角度が何度」などということではありません。「きちんと挨拶ができる」「相手の目を見て話しを聞き、返事ができる」「身だしなみを整える」などのシンプルなことの積み重ねです。現役高校生のうちから心がけ、ぜひ体得してください!


関連記事

高校生インターンシップinビジネスホテル「ドーミーイン」! 「職業体験」でやりたい仕事を発見しよう

近年、早い段階でのキャリア教育の重要性が注目されています。高校生対象のインターンシップを開催する企業も増えてきました。インターンシップとは、高校生の皆さんが


高校生に仕事の魅力をアピール!~長崎県内企業の取組み~

就職を希望する高校生に、会社への興味と理解を深めてもらう目的で行われる「会社説明会」。時間と労力をかけて準備するからには、多くの高校生に応募してもらえる説明会に


2019夏休み、愛知の高校生インターンシップ情報! やりたい事のヒントが見つかるかも?!

高校生の皆さん!今年の夏休み、インターンシップに参加して「働く面白さ」や「自分のやりたい事のヒント」を発見してみませんか? 最近は、高校生向けのインターン


キャリア教育をもっと身近に! 高校生に「21世紀型スキル」を学ばせよう【後編】

高校生に社会で働くことをイメージさせるため、さまざまな取組みが行われています。【前編】でご紹介した、教育と探求社のキャリア教育プログラム「クエストエデュケーショ


キャリア教育をもっと身近に! 高校生に「21世紀型スキル」を学ばせよう【前編】

テクノロジーの進化や社会のめまぐるしい変化を背景に、これまでの「教えられる」教育から「自分で学び取る」教育への転換が必要不可欠になってきました。注目を集めている