高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


卒業生に聞いた「今だから大事だとわかるキャリア教育プログラム」(3) 高校性の頃から知っておきたい「会社を辞めたくなったらどうするか」

2018/02/05  24 views

パズルのピース

高校生の時に知りたかった

高校での「キャリア教育」プログラム。授業を受けた高校生がどう感じているかを調査したアンケートの中から、高校を卒業した先輩方の回答に注目し社会に出てから大事だと感じる知識や学習をご紹介するシリーズです。

1回目は「思っていた通り役立った」と感じる人の多かった「適性分析」と「世界を知る学習」を、2回目は高校を卒業後に必要性を感じるようになった「社会人・職業人としての常識やマナー」について取り上げました。

3回目の今回は、「学校ではあまり教わらなかったが知っておきたかった」と考えられている「就職後の離職・失業など、将来起こり得る人生上の諸リスクへの対応についての学習」の内容をご紹介します。

30代前半で6割が離職経験あり

厚生労働省の若年者雇用実態調査によれば、「最初に務めた会社には、今現在は勤務していない」と回答した30~34才の人は63.5%。つまり、3人のうち2人は仕事を辞める経験をしているということです。
多くの人はずっと勤めるつもりで会社を選ぶでしょうし、会社も長く定着して働いて欲しいと思っています。実際には、高卒新卒で就職した人の4割、大学を出て就職した人の3割が3年以内に退職しているのが現状。退職や転職は働き始める前に想像することは少ないけれど、決して他人事ではないものだといえます。

予期せぬ困難を乗り越える

7割の高校生が進路を考えるとき「なんとなく不安」だと思っている、という意識調査の結果があります。社会で仕事をしていくうえで起こるさまざまなことに、全て準備をしておくことは不可能。困ったときにどうすればいいか、どんな方法があるのか、を知っておくことがとても大切です。

対応方法を知っていれば…

仕事に関わるリスクは、生活、ひいては人生に深い影響をおよぼすことがあります。当事者の個人の力だけで乗り切ることは簡単ではありません。そんなとき、さまざまな専門的支援をしてくれる公的機関があるのをご存知ですか?

実は高校教育(現代社会、政治・経済、進路指導など)の中で触れるチャンスのある情報なのですが、高校時代に「情報提供を受けていないor覚えていない」という卒業生は、困ったときに「解決方法を知らない」「1人で問題を解決しようとする」と答える割合がそれ以外の人と比べ2倍に上ります。反対に「公的機関を活用する」としたのは2分の1以下。具体的に覚えていなくても「相談できる場所がある」と知っていることが大切だと言えます。

高校生にぜひ知っておいて欲しい「諸リスクへの対処法」に関する情報は以下のようなものです。
・働き方について(労働条件、労働環境、メンタルヘルスなど)
・職業関連(産業構造、就職活動、求人票の見方、ブラック企業対策など)
・働く人の権利(労働法、労働組合など)
・セーフティネット(社会保険、生活保護、奨学金など)
・困ったときの相談窓口(労働組合、総合労働相談コーナー、労政事務所、労働基準監督署、ハローワーク、ジョブカフェ、サポステなど)
卒業を控えた3年生など学校では教わらなかったな、という方は、ぜひ一度自分で調べてみてください。
(当サイトで取り上げた機関については、以前の記事をぜひご覧ください。)

ハローワークのジョブサポーターを活用しましょう
この会社ホントに大丈夫?働く前のチェックポイント!
入社前に必読!働くルール
万が一にそなえる、退職の処方箋
厚生労働省の若者おしごと支援(1)ジョブカフェ
厚生労働省の若者おしごと支援(3)地域若者サポートステーション
学びと仕事を両方ゲット!日本版デュアルシステム


この記事の関連タグ
, , ,
関連記事

「高校生積極採用」をアピールしている企業の サイト&求人情報チェック!(32)シモハナ物流

食品物流の仕事とは? 高卒での就職を考える高校生に積極的に情報発信をしている会社をご紹介するシリーズ。今回はシモハナ物流株式会社の高校生向け採用ページをチ


日本全国サイトでチェック!高校生インターンシップレポート(15)「農の宝島!とくしま」の農業インターンシップ

農家に滞在しながら農作業を体験する「農業インターンシップ」。徳島県立農林水産総合技術支援センターがコーディネートするこの取組み、従来は首都圏や京阪神の農学系


県内の高校生に積極アプローチ!仕事探しのサポートだけじゃない「ジョブカフェ石川」

高卒で就職する若者の県外流出や、高校生の職業意識を育てることの難しさに課題を感じている地域にとってのヒントになるかもしれません!石川県のジョブカフェは「若者


高卒採用、求人票を学校に送る以外にできること。 自社採用サイトで高校生に情報発信!

高卒新卒の採用、2018年3月卒業の高校生に対する有効求人倍率は2.08倍、求人数は前年に比べ15.7%増加しました。「高校生を採用したいけれど難しい…」と


自信がつけばポジティブになる 高校生の「キャリアプランニング能力強化」のすすめ

日々高校生のキャリア教育に取組む先生方は、カリキュラムの手応えをどのように感じていらっしゃるでのしょうか?プログラムによっては、実施のタイミングの違いで「効