高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


日本全国サイトでチェック!高校生インターンシップレポート(15)「農の宝島!とくしま」の農業インターンシップ

2018/02/15  81 views

農業インターンシップトップ
農家に滞在しながら農作業を体験する「農業インターンシップ」。徳島県立農林水産総合技術支援センターがコーディネートするこの取組み、従来は首都圏や京阪神の農学系大学生が対象でしたが、2017年から県内の高校生も受け入れることになりました。2017年2月に高校生を受け入れた農家の方と、農業体験をした高校生、それぞれの思いを紹介したサイトから実施の様子をご紹介します。

徳島県藍住町あんちゃんふぁーむ

高校3年生の男子を受け入れたのは、さまざまな野菜を育てる「あんちゃんふぁーむ」。1987年に就農、ということは高校生の皆さんが生まれる前から農業をやっていることになります。レンコンと人参の栽培から始まり、2000年からは新作物研究会に所属、現在では70種類以上の野菜を育てているそうです。

農業系大学へ進学予定の高3生

先生から勧められて農業インターンシップを体験した高校生。通っている徳島県立城西高校は生産技術科、植物活用科、食品化学科、アグリビジネス科、総合学科といったさまざまな専攻科教育を行っている学校です。

あんちゃんふぁーむで体験したのは大根の収穫と選別、白ネギやジャガイモの出荷、枝豆の植え付けなどバラエティーに富んだ内容。いろいろな作業を体験したい、と希望した理由は「将来、農家を支える仕事に就きたいから」だとのことです。

知識も意識もしっかりとした彼ですが「学校ではできない経験をした」実感があるよう。機械化がすすんでもそれだけでは収穫も選別も難しく、プロの「目と手」の重要性がよくわかったそうです。多くの経験が将来にとても役立つと感じ、後輩たちにも「農業インターンシップ」の参加を勧めたい、と語っていました。

インターンシップで生まれるもの

あんちゃんファームの方がインターンシップを受け入れたきっかけは「先輩農家の方々に教えてもらった経験から、自分も次の世代に何かを伝えたい」という思いで徳島県の指導農業士をめざしていたとき、「農業インターンシップ」を知ったことだそうです。野菜づくりに関するさまざまなことを「教える」ことで、農家の方々自身の勉強にもなるとのこと。指導を受けた高校生も、いつか教えたり伝えたりする立場になり、インターンシップでの体験を思い出すのかもしれません。

農家の仕事を体験するチャンス!

農家に滞在しての濃厚なインターンシップ。農業系の高校へ通っている生徒、という制限は無いようなので興味のある高校生の皆さん、ぜひトライしてみてはいかがでしょう。2017年の募集受付は5/1~12/15の間、実施時期は7月~3月で期間は3日から5日程度です。2018年の実施は未定ですが、興味のある方は就農支援サイト「農の宝島!!とくしま」のホームページをチェックしてください。


関連記事

日本全国サイトでチェック! 高校生インターンシップレポート(15)愛媛トヨタ

企業で仕事を体験できる「インターンシップ」。働くということをイメージするためにはとても有意義です。今回は、インターンシップに積極的に取り組んでいる「愛媛トヨ


日本全国サイトでチェック!高校生インターンシップレポート(14)ASUE(アスエ)

1番効果的な高校生インターンシップ、それは「興味のある分野」での仕事体験ではないでしょうか。将来コンピューターを使う仕事をしたいと考えていた高校生が、インタ


宿泊費と交通費支給だから遠くても大丈夫! 高校生インターンシップ「しまねわくわく仕事体験」

「興味があるけど遠くて日帰りが難しい」「交通費が高すぎる」そんな理由でインターンシップや応募前職場見学をあきらめていた島根県内の高校生に、ジョブカフェしまね


商工会議所がつなぐインターンシップ! 「地元企業×地元高校」新発田商工会議所

商工会議所がインターンシップ? 「地元の若者に興味を持ってもらいたい」と考えていらっしゃる企業のご担当者の皆さん、高校生のインターンシップを受け入れてみま


卒業生に聞いた「今だから大事だとわかるキャリア教育プログラム」(2) あの時はいらないと思ったけど…やっぱり大切「社会人常識・マナー」

高校時代は大事だと思わなかったけど… 高校時代の「キャリア教育」プログラム。これは将来役立ちそうだ!と感じるもの、いまひとつピンと来ないもの、さまざまな感