高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


日本全国サイトでチェック! 高校生インターンシップレポート(15)愛媛トヨタ

2018/07/05  192 views

愛媛トヨタインターンシップ
企業で仕事を体験できる「インターンシップ」。働くということをイメージするためにはとても有意義です。今回は、インターンシップに積極的に取り組んでいる「愛媛トヨタ」のサイトをチェックしました。「愛媛トヨタ」で、実際にインターンシップを体験した高校生の声を見てみましょう。

「愛媛トヨタ」ってどんな会社?

愛媛トヨタは、トヨタ自動車工業株式会社の特約店として愛媛県松山市に本社を構える1940年創業の企業です。トヨタ自動車の販売を始めとして、中古車の買い取りや販売などカーライフの幅広いサポートを行っています。本社の他に三島、西条、今治など新車販売店舗は9店舗。グループ会社も合わせると従業員は2000名以上という規模の会社です。

キャリア教育への取り組み

愛媛トヨタはさまざまな社会貢献活動に力を入れていますが、その一環として、キャリア教育への取り組みに力を入れています。学校で教員や保護者に向けたセミナーや研修を行い、社会で求められる人材や、働く意義などについての勉強会を実施しています。

学生に向けては、職場見学や先輩社員との座談会を行ったり、小学校での出前授業ではエコカーや福祉車両、交通安全についてなどを楽しく子供たちに学んでもらっています。

愛媛トヨタの高校生インターンシップ

愛媛トヨタはインターンシップにもとても積極的に取り組んでいます。大学生向けの5~6ヶの長期インターンシップ、2週間の短期インターンシップ、2Dayインターンシップ、留学生コースなどさまざまなプログラムがあり、高校生向けとしては2日から7日のカリキュラムが用意されています。

「人は他者とのかかわりを通じて”自分らしさ”に気付くもの」「成長は、自ら考え、発言し、行動し、反省するサイクル」との考えから、インターンシップをただの職業体験でおわらせず、成長の種を研修生が自ら見出すことを目標としてプログラムを組んでいます。

高校生コースでは、マナー研修や、ショールームでの接客体験、点検整備体験や、社員へのインタビューなどを行います。「働くこと」をまだ具体的にイメージしにくい高校生が、インターンシップを経験して主体的に進路を選択する姿勢を培うきっかけになればと考えているとのこと。インターンシップをきっかけとして、高卒、就職という具体的な将来を想像することが出来るのではないでしょうか。

インターンシップ経験者の生の声

実際に5日間のインターンシップを経験した、高校生の感想を見てみましょう。「たくさんの方にインタビューをして、やりがいを感じながら真剣に働いていることが心に残りました。働くことを前向きにとらえられるようになりました」「最終日の発表会のスピーチを聞いて、仲間が真剣に取り組む姿に刺激を受けました」

インターンシップを経験して「自分の意志を持って楽しみながら行動する」ことを意識するようになったそうです。職業体験をするだけでなく、その後の学校生活や勉強、部活動への姿勢も変化を実感できそうですね。就職についても、しっかりしたイメージを持てそうです。

高校時代のインターンシップ体験は「働く」ことを実感する貴重な経験になります。専門学科の高校では広く実施されているインターンシップですが、体験する生徒の割合は7割弱。

いっぱう普通科の高校では希望者のみの参加であるためか体験者の割合は22%(平成28年度)にとどまっています。地元に密着した企業での職場体験、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。


この記事の関連タグ
, , ,
関連記事

実施率100%!充実の北海道立高校インターンシップ事情

インターンシップ実施率100%?! 高校卒業後の進路選択に関わるキャリア教育の一環として、高校生にこそ必要不可欠なインターンシップ。北海道の道立高校で


三重県の高校生向け│夏休みに自分で選べるインターンシップ!

「インターンシップ」というと大学生がやるものでは?と感じる人が多いかもしれません。実は高校生にとっても意外に身近なものなんです!最近では高校生を対象としたインタ


「学びと社会をつなげる」普通科高校のキャリア教育に必要なこと

教育活動を通したキャリア教育の重要性に注目が集まっています。進学か就職かの選択が迫っている高校生に、どのようなキャリア教育が必要なのか、悩んでいる先生も多いので


地域の活性化×高校の魅力アップ!和気閑谷高校の取り組み

「少子高齢化」の問題が深刻化するなか、重要な働き手である若者への期待が大きくなっています。その一方で、若者が働くことへの不安を抱えている事実もクローズアップされ


高校生と商工会議所がタッグを組んでカレー作り! ~矢板地区活性化プロジェクトの主役は高校生~

少子高齢化や雇用の多様化など、子供達を取り巻く社会環境が大きく変化するなか、高校においてもキャリア教育の大切さが問われ続けています。 進路について現実的に