高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


将来を考え始めたら知っておきたい!高校生向けインターンシップの最新事情(2)学べる中身編

2016/10/13  213 views

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%973
高校生向けインターンシップについて、前回はその仕組みと企業側の目的についてご説明しました。
今回は高校生がどんなことを体験できるのか、参加するメリットについてご紹介します。

実際どんなことをするの?

高校生の場合多くは3~5日間、受入れ先の職場で指導のもと実際の業務を経験します。職場により、内容は様々ですが、一部をみてみましょう。

・自治体、省庁の場合

都道府県、市町村、省庁など公務員のインターンシップは夏休みなどの長期休暇に行うところが多く、期間も長めになっています。部署にもよりますが、仕事内容としてはアンケート集計、書類作成、イベント運営補助などの業務がメインとなります。

・民間企業の場合

企業の場合高校生のみを対象としたプログラムを組んでいるところが多く、その会社によって業務内容は実に多様です。デザイン系の会社では写真加工、IT系の会社ではiPhoneアプリの制作など、普段なら出来ないような体験を通して仕事に対するイメージをより明確にするチャンスかもしれません。

・大学の場合

大きく事務と研究室の2つに分かれます。事務ではその課によって図書館業務、企画、書類作成、写真撮影など多様な業務を行います。研究室の場合は大学の様子を知る、またより専門的な研究に触れることを目的として行われるため、内容としては実際に講義を聞いて議論したり、学部によっては作業・実験などを行うこともあります。

高校生の心を動かす体験?

進学者が多数を占めるある高校で、キャリア教育プログラムの効果を3年生全員を対象に調査したデータがあります。それによれば、インターンシップ(2年次に3日間実施、全員対象)経験は大学合格体験談やオープンキャンパスをおさえて、高校生達に最もインパクトを与えたことがわかります。

「人生に影響を与えた」「モチベーションを上げられた」「印象に残っている」の3項目すべてにおいてインターンシップと回答した生徒が多いのです。

インターンシップの効果

高校生がインターンシップを行う意義はいくつも考えられますが、例えば「職業観の形成」「積極的な進路選択」「学習意欲の向上」「社会人としてのマナーの会得」などが挙げられます。

自分の適性や将来を考える良い機会であると同時に、これから何を学ばなければならないかを知るきっかけにもなります。就業体験を終えた時には、進路を選択するヒントを得られることでしょう。

インターンシップを通して普段とは異なる環境に身を置くことは、自分に足りないものは何か、社会に出るときに何が求められるのかといったさまざまなことを感じ、学ぶチャンスになります。家庭や学校、友人の中ではない、いずれお子さんが進んでいく社会を体験する貴重な経験になると思われます。ぜひ活用なさってください。


関連記事

日本全国サイトでチェック! 高校生インターンシップレポート(15)愛媛トヨタ

企業で仕事を体験できる「インターンシップ」。働くということをイメージするためにはとても有意義です。今回は、インターンシップに積極的に取り組んでいる「愛媛トヨ


日本全国サイトでチェック!高校生インターンシップレポート(14)ASUE(アスエ)

1番効果的な高校生インターンシップ、それは「興味のある分野」での仕事体験ではないでしょうか。将来コンピューターを使う仕事をしたいと考えていた高校生が、インタ


宿泊費と交通費支給だから遠くても大丈夫! 高校生インターンシップ「しまねわくわく仕事体験」

「興味があるけど遠くて日帰りが難しい」「交通費が高すぎる」そんな理由でインターンシップや応募前職場見学をあきらめていた島根県内の高校生に、ジョブカフェしまね


商工会議所がつなぐインターンシップ! 「地元企業×地元高校」新発田商工会議所

商工会議所がインターンシップ? 「地元の若者に興味を持ってもらいたい」と考えていらっしゃる企業のご担当者の皆さん、高校生のインターンシップを受け入れてみま


日本全国サイトでチェック!高校生インターンシップレポート(15)「農の宝島!とくしま」の農業インターンシップ

農家に滞在しながら農作業を体験する「農業インターンシップ」。徳島県立農林水産総合技術支援センターがコーディネートするこの取組み、従来は首都圏や京阪神の農学系