高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


日本全国サイトでチェック!高校生インターンシップレポート (7)古川製作所

2016/11/16  195 views

%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e8%a3%bd%e4%bd%9c%e6%89%80

群馬県太田市に本社をおく株式会社古川製作所は産業用ロボット生産システムのトップメーカーです。古川製作所で体験できるインターンシップとはどんなものなのでしょうか。さっそくサイトをチェックしてみました。

古川製作所ってどんな会社?

古川製作所の事業は「ものづくりのためのシステムづくり」。新しい技術を実際に使えるものにするために欠かせないロボットシステムの設計・開発をする会社です。設計から出荷までを一手に引き受ける一貫体制を確立した、数少ないロボットメーカーとして評価されています。

古川製作所は1940年の設立以来75年以上にわたり自動車産業に携わっってきました。この分野では卓越した実績と信頼をかさねており、国内のほぼすべての自動車メーカーで採用されています。中国やインド、東南アジアや南米にも製品を納入し、積極的に海外戦略を推進するグローバル企業でもあります。

歴史ある会社ですが、社員の平均年齢は34.6才。若い力のあふれるエネルギッシュな職場です。顧客の要望に合わせたシステムを一からつくるため、自動車の新規車種開発など、色々なプロジェクトの最初から関わるチャンスがあるのは魅力的ですね。

社員の声を拾ってみますと、
・型にはまらない自由な発想ができる。
・若くても、仕事で実績を上げるときちんと評価される。
・考えたものが形になる喜びがある。
・みんなの可能性が試せる会社。
などなど。若手社員がいきいきと活躍しているのがわかります。

古川製作所でのインターンシップ

2016年7月、3日間にわたり行われたインターンシップでは「ロボットシステム構成ユニット」の設計から製作まで、というテーマに沿ってさまざまな体験をしました。

1日目は、まずはどんな会社であるのかを理解するためのオリエンテーションからスタート。本社工場内を見学した後、いよいよCADを使った設計にチャレンジです。初めて使うシステムに戸惑いつつも、高校生たちは積極的に質問をしながら一生懸命に取り組みました。

2日目は、新田工場と第2工場を見学。新田工場で前日に設計した部品の製作を行いました。自分で設計した部品を工作機械を使って自作する、というのは、なかなかできない体験です。さて、うまくできたのでしょうか?

3日目、部品作りを前日無事終えた高校生たちはロボットシステム構成ユニットを見事に完成させました。ロボットトップメーカーの本物の機材を使用してのユニット作りはとても貴重な経験ですね。

会社見学も実施

インターンシップ受入れとは別に、古川製作所では高校生の採用活動の一環としての会社見学も行っています。工場見学はもちろん、設計室での各種ソフトの説明やモノづくりの流れ、実際にロボットを動かしての説明も行われました。

古川製作所では採用活動の柱の1つと位置づけ積極的に高校生採用を実施しています。興味を持った方は学校の進路指導担当の先生に相談してみてください。


関連記事

実施率100%!充実の北海道立高校インターンシップ事情

インターンシップ実施率100%?! 高校卒業後の進路選択に関わるキャリア教育の一環として、高校生にこそ必要不可欠なインターンシップ。北海道の道立高校で


三重県の高校生向け│夏休みに自分で選べるインターンシップ!

「インターンシップ」というと大学生がやるものでは?と感じる人が多いかもしれません。実は高校生にとっても意外に身近なものなんです!最近では高校生を対象としたインタ


「学びと社会をつなげる」普通科高校のキャリア教育に必要なこと

教育活動を通したキャリア教育の重要性に注目が集まっています。進学か就職かの選択が迫っている高校生に、どのようなキャリア教育が必要なのか、悩んでいる先生も多いので


地域の活性化×高校の魅力アップ!和気閑谷高校の取り組み

「少子高齢化」の問題が深刻化するなか、重要な働き手である若者への期待が大きくなっています。その一方で、若者が働くことへの不安を抱えている事実もクローズアップされ


高校生と商工会議所がタッグを組んでカレー作り! ~矢板地区活性化プロジェクトの主役は高校生~

少子高齢化や雇用の多様化など、子供達を取り巻く社会環境が大きく変化するなか、高校においてもキャリア教育の大切さが問われ続けています。 進路について現実的に