高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


日本全国サイトでチェック!高校生インターンシップレポート (9)アジアクリエイト

2017/02/24  28 views

アジアクリエイト

自分とお仕事の相性を発見するチャンスになるインターンシップ。地元の会社の仕事や職場の雰囲気を直に経験できるのも魅力です。今回は高校生インターンシップを毎年継続して受け入れているアジアクリエイト株式会社の事業内容とインターンシップについてチェックしてみました。

愛知県豊川市に本社をおくアジアクリエイト株式会社は産業用自動機械の設計・製作・エンジニアリングを中心とした企業です。ヒット商品の「安全体感装置」はとてもユニーク。労働災害を減らすために、製造の現場で起こる危険を疑似体験できるよう開発された装置です。さて、どんなものなのでしょうか?

「安全体感装置」って?

簡単にいえば、さまざまな工場の現場で使う機械で起こり得る事故を「安全に」経験できる装置なのです。サイトにはずらりと製作事例がならんでおり、それぞれにどんな機能があるのか興味をひかれます。「回転体巻き込まれ」「手動式ローラー挟まれ」「滑り・転倒」「溶剤爆発」「感電・過電流・トラッキング」「残圧衝撃」。装置の名前を見ただけでも、製造現場にある危険性が想像できますね。

安全体感装置は危険性の認識をリアルに再現し、安全意識の向上と安全対策の措置・指導に役立つ製品です。いろいろな生産現場に合わせた装置を相談しながら作る社員の方はやりがいを感じていらっしゃるのではないでしょうか。アジアクリエイトは安心して働けるものづくりの現場環境づくりに貢献しています。

アジアクリエイトのインターンシップ

アジアクリエイトでは3日間のインターンシップが行われ、5名の地元高校生を受け入れました。そのうち2名は2次元・3次元CADを使用した設計を体験。最初は戸惑ったようですが、慣れてきた後半はスムーズに操作できるようになったようです。

3名はグループ企業のアジアハイテックスで製造現場での実習。梱包時に使うエアー緩衝材(通信販売の段ボールのすきまに詰まっているものです)を作る機械の品質チェック業務を体験しました。お昼には高校の卒業生でもある先輩社員との昼食会。職場の様子や仕事の内容など、貴重なお話を伺えたのではないでしょうか。

アジアクリエイトではインターンシップ受入れの他に中学や高校へ出張しての「職業講話」や安全体感装置を用いた安全教育授業など中高生への積極的な働きかけをしています。職業講話の内容は多岐にわたります。

・働くとは何か
・仕事の実態
・コミュニケーションの大切さ
・フリーター・ニートに関すること
・企業が求める人材像
・営業の仕事
・採用の仕事

若者に何かを伝えたい、感じてほしいと活動している社会人に接することは、自分自身の未来の姿を想像するきっかけになるのではないでしょうか。インターンシップは高校生にとって親でも先生でもない職業人と関わるチャンスです。ぜひチャレンジしていい経験にしてください。


この記事の関連タグ
, , , ,
関連記事

あなたの「体験してみたい仕事」がきっとある 冬休みにトライ!自分でチョイスして申し込めるインターンシップ

高1、高2生におすすめ 高校1、2年生の皆さん!自分の未来のこと、考えていますか?高卒での就職を決めている人だけでなく、誰もが近い将来社会人となり何かしら


「知る・体験する・考える」 地元企業で職場体験!東住吉区高校生企業交流事業

高校生の皆さん、長期休暇をどのように過ごしていますか?長いお休みの間に、いつもとは違う体験に挑戦してみてはいかがでしょう。夏休みに地元の企業で職場体験をする


会社員の仕事にライブで密着 ジョブシャドウで仕事観察体験

仕事の充実感、伝わってますか? 「疲れたー」と帰ってくるお父さんやお母さんの姿を「働く大人」だと思う子どもが多いのかもしれません。仕事を通じて感じる充実感


高校生、本気の企画立案体験 ヤマト運輸の高校生経営セミナー

大人のビジネスプラン作りにチャレンジ! 宅配便大手ヤマト運輸の協力を得て、ジュニア・アチーブメント日本が実施している高校生経営セミナーについてご紹介します


お客さん扱いはNG! 目からウロコ、高校生インターンシップ受入れのコツ

メリットいろいろ!インターンシップ受入れ キャリア教育の重要なプログラム、インターンシップ。仕事や将来像が現実味を帯びてくる高校生の職業体験は生徒にとって