高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


実は使える公的サポート 厚生労働省の若者おしごと支援(2)ユースエール認定制度

2017/06/15  35 views

bd6897fc9ff0af27dbb2c102d58a6f38_m

厚生労働省の若者の就労支援施策をご紹介するシリーズ、前回は「ジョブカフェ」をとりあげました。今回は平成27年10月にスタートした「ユースエール認定制度」についてご説明したいと思います。

「ユースエール認定企業」ってどんな会社?

これから仕事を探そう、就職しよう、と思ったらどんな企業で働きたいですか?若者の育成に熱心で、働きやすい職場環境が整っていて、長く働くことのできる会社がいいな…そんな希望にこたえるのが「若者の採用・育成に積極的で雇用管理の優良な企業」=ユースエール認定企業です。

ユースエール認定は「若者雇用促進法」に基づき、さまざまな認定基準をクリアした企業を厚生労働大臣が認定するもの。新卒者の離職率が高くないか、正社員の有給休暇の取得割合は基準以上か、残業時間が多すぎないかなど、さまざまな認定基準をすべて満たす中小企業(常時雇用300人以下の事業主)が認定企業となることができます。

認定を受ける企業のメリット

ユースエール認定企業になると、以下のようないろいろな公的支援を受けることができます。企業のイメージアップや優秀な人材の確保が期待できるなどいいことずくめ。今後、認定をめざす企業がどんどん増えるのではないでしょうか。
・ハローワークでの重点的PRの実施
・認定企業限定の就職説明会への参加
・自社の商品、広告などに認定マークの使用が可能
・若者の採用・育成を支援する助成金加算
・低利融資
・公共調達における加点評価

「まだ全部はできてないけど…」

若者応援宣言企業」はユースエール認定条件のうち一定部分を満たしており、ハローワークが若者採用のための支援をしている企業。こちらも仕事探しの参考になりそうです。

若者のメリット

いわゆる普通の会社と、初めから「若者歓迎!サポートするからしっかり長く働いて欲しい」と宣言している会社。断然後者が魅力的ですよね。ユースエール認定企業、若者応援宣言企業、ともに通常の求人よりもくわしい企業情報・採用情報を公表しています。採用実績などの知りたい情報や、職場の雰囲気を事前にチェックすることができるので、より希望にあった会社に応募することができるのではないでしょうか。

ユースエール認定企業を探そう

厚生労働省が運営する「若者雇用促進総合サイト」をのぞいてみてください。絞り込み条件にチェックを入れて検索すればOK。その会社の従業員の働き方がくわしいデータで一覧できます。PRシートには社長や先輩職員からのメッセージ、求める人物像・選考基準など応募前に知っておきたい情報が満載です。

平成28年末現在、ユースエール認定企業は全国で147社。まだ十分な数とはいえません。この制度の目的は、企業と若者とのマッチング向上。企業にとっても若者にとっても、良い出会いのチャンスをつくるものです。

少子高齢化がすすむ日本。若い働き手を確保し、大切に育てたいと真剣に考える中小企業を探すことのできる仕組みです。ぜひ活用してください。


関連記事

あの有名企業が職場見学を実施! (5)フジテレビ

あの朝の情報番組をつくる?! フジテレビが実施している職業体験型教育プログラム「めざましテレビ番組制作体験」をご紹介します。私たちが見ている画面には出演者


「生きるお金」っていくらかかるの? ニート予防のためのお金講座をチェック

56万人。今現在、俗にニートと言われている若者の数です。少子化で若い人の数は減っていても、その数はほぼ横ばい状態(平成27年版 内閣府子ども・若者白書よ


実施率上昇!とはいえ効果的な実施には課題も インターンシップ、事前・事後指導の充実に向けて

高校インターンシップの現状 「平成27年度における職場体験・インターンシップ実施状況について」というレポートが国立教育政策研究所から発表されました。文部科


「仕事っておもしろい」を体験! 高校生向け「ものづくり」魅力発信プログラム

「本職の大工さんと一緒に家づくり」‥大人でも体験したことのある人はなかなかいません。そんな貴重な経験をした高校生がいます。ご紹介したいのは、大阪府が実施


「めざせ!地域のスペシャリスト!」 石巻北高校、総合学科からの挑戦

高校生と仕事=キャリア 高校卒業後の就職と職種をイメージして進路を選ぶ中学3年生は多くはありません。工業高校などの職業学科を選び、高卒で就職するイメージを