高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


「仕事っておもしろい」を体験! 高校生向け「ものづくり」魅力発信プログラム

2017/09/14  26 views

大阪

本職の大工さんと一緒に家づくり」‥大人でも体験したことのある人はなかなかいません。そんな貴重な経験をした高校生がいます。ご紹介したいのは、大阪府が実施している「高校生向け『ものづくり』魅力発信プログラム」。プロの職人とともに家づくりをするワークショップを通じ、通常の学校生活にはない体験をした高校生たち。さて、何を感じたのでしょう?

「プロから学ぶ 家づくりワークショップ」

平成29年2月、プロの大工と塗装職人から直接家づくりのノウハウを学び「小さな家(木製の物置小屋)」をつくるイベントが東大阪市で開催されました。高校生がものづくりを身近なものとしてとらえ、興味を持ち、職業観を拡げるチャンスとなるよう企画された「高校生向『ものづくり』魅力発信プログラム」。さっそく高校生のアツい1日を追ってみましょう!

参加したのは12名の高校生。最初は緊張していたのか指示されるままでしたが、床材の釘打ち工程で空気が一変。うまくできない!どうしたらいいのだろう?真剣さと集中力がアップし、みるみる上達し時間内に素晴らしい出来栄えの小屋を作り上げました。

大工さん指導で本格施工

家の設計から準備と指導をおこなったのは地元工務店大成の永藤さん。「高校生たちに釘打ちをしてもらいたかった」と、床・内壁・外壁に釘を打つ場所をあえて多く用意したそうです。

当初は簡単なキットを購入して一緒に組み立てるような内容を考えたとのこと。しかし、せっかくならばもっと本当の家づくりに触れてもらいたいと、内容を大幅に変更しました。

材料についてはこだわりの桧材をふんだんに用い、更に手加工で刻んだ土台・柱・梁などで組む木造軸組構造に。家づくりの現場写真などで説明も取り入れながら、よりリアルな家づくりを体験できる内容にしたとのことです。

機械加工が主流の建築資材も、工務店の大工さんが手刻みで準備。高校生たちにも昔気質の職人魂が伝わったのではないでしょうか。ハードな1日を終え、完成した小屋の前でヘルメットをかぶり笑顔の高校生たちからは、達成感がにじみ出ていました。

参加した高校生の声

振返りワークショップではこの日の作業で感じた事を書き出しました。「もっと大きな建物を作ってみたい」「棚を作ってみたい」「設計もしてみたい」。ものづくりの道にすすむ人があらわれるかもしれません。

出会いのチャンス

ものづくり体験やものづくりを職業としている大人との出会いは、多くの発見を高校生に与えるのではないでしょうか。職人の感性や職業観を学ぶことで、自分自身と社会や将来の仕事とのつながりを感じるきっかけにして欲しいものです。

大阪府の「高校生向け『ものづくり』魅力発信プログラム」は、今後もさまざまな「体験講座」や「体験イベント」を開催する予定だとのこと。多くの自治体に同様の取組みがひろがるといいですね。高校生のみなさん、働く大人にぜひ会いに行ってください!


この記事の関連タグ
, , , , , ,
関連記事

不安とギャップを減らす! 高卒向け採用サイト、必須コンテンツTOP3

2018年3月の高卒新卒採用の求人倍率は2.08倍と25年ぶりの高水準を記録。一方、就職を希望する高校生の数は前年より2.6%減少しており、企業にとっては採


バイトはお仕事経験の第一歩! 始める前にチェック!高校生アルバイト雇用のルール

高校生の皆さん、バイトであってもさまざまな労働に関する法律で守られていること、知っていましたか?長期のお休みにアルバイトを始めようか、と考えている方もいるの


あなたの「体験してみたい仕事」がきっとある 冬休みにトライ!自分でチョイスして申し込めるインターンシップ

高1、高2生におすすめ 高校1、2年生の皆さん!自分の未来のこと、考えていますか?高卒での就職を決めている人だけでなく、誰もが近い将来社会人となり何かしら


「知る・体験する・考える」 地元企業で職場体験!東住吉区高校生企業交流事業

高校生の皆さん、長期休暇をどのように過ごしていますか?長いお休みの間に、いつもとは違う体験に挑戦してみてはいかがでしょう。夏休みに地元の企業で職場体験をする


数学や物理がここまで使える! 「ものづくり」の面白さを知る「エジソンの学校」に注目!

理科や数学の使い道 「数学や化学や物理‥何の役に立つの?」実生活で使う場面がない、と高校生が思っている学校の教科学習。実はさまざまな「ものづくり」を通じて