高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


高校生のハートに火をつけよう! タイプ別・生徒の「働きたい」を引き出すアプローチ

2017/06/22  160 views

5bdfa335654664e81069622b3231d478_m
「このままでいいのかな‥」うっすらとそう思っていても、自分で動き出すことのできない高校生は少なくありません。大事な時期である彼らの背中をそっと押すにはどのようなアプローチがあるのでしょうか。進学にも就職にも熱の入らない高校生への働きかけを考えてみました。

専門高校の就職指導

多くの生徒たちが高校卒業後に進学以外の道を選ぶ学校では、就労に向けた指導が中心になります。商業・工業などの専門高校では、生徒たちが高校進学の時点で将来の仕事を意識し、高校3年間でその分野の基礎を学んでいますので、比較的進路指導もスムーズにいくようです。

普通科の難しさ

しかし、普通科では事情が異なります。本人の明らかな意志で就職を希望する場合はよいのですが、消極的な選択としての「就職」である場合、指導に難しさを感じる先生もいらっしゃるのではないでしょうか。なかなか働くことを自分ごととして考えられない高校生へのアプローチは、まずは漠然とでも「働くことのイメージ」を持たせることから始める必要があるでしょう。よくある生徒のタイプ別に考えてみました。

やんちゃ系

勉強する気はほとんどなしの、昔風に言うならツッパリ、ヤンキータイプ。教師にとっては指導しづらい難しい相手ですよね。彼らは自分のコミュニティ、人間関係を大切にする傾向があります。先輩の紹介でアルバイトや仕事に出会うことも。お手本になる卒業生の情報が提供できるとよい刺激になるのではないでしょうか。

他人が苦手系

小中学校で人間関係トラブルを経験し、コミュニケーションに自信のないタイプ。学習意欲は高く、いろいろな可能性を秘めています。しかし人と接することを苦手とする彼らは、接客が多いアルバイトなどには及び腰。キャリア教育に理解のある企業でのインターンシップなどで「自分にもできる」という手ごたえをつかませたいものです。

無気力系

非常におとなしく、自己主張がほとんどないタイプ。アルバイトをすることを考えもせずに高校生活を送り、親に背中を押されてひっそりと「就職希望組」になります。自分から動く意欲が見えづらいので、周囲からの継続的、積極的な働きかけが必要だといえるでしょう。

まずは「働くイメージ」を

高校生の就職活動は高校3年の春から準備が始まり、7月の求人票開示、会社見学、履歴書指導、面接指導と続きます。9月に行われる採用試験に向けた流れにのせることができれば、自然に真剣さが増していくのではないでしょうか。

就職を希望する高校生は「地元志向」が強いようです。遠方の求人にあえてチャレンジする人は多くありません。「地元で過ごす」を「地元で働く」に変換できれば、就職活動を卒業後の生活につながるものとしてイメージできるのかもしれません。

全てのタイプに共通するスタート地点は「働くこと」をイメージさせること。就職活動が本格化する前にやる気スイッチをONにしておきたいものです。


関連記事

商工会議所がつなぐインターンシップ! 「地元企業×地元高校」新発田商工会議所

商工会議所がインターンシップ? 「地元の若者に興味を持ってもらいたい」と考えていらっしゃる企業のご担当者の皆さん、高校生のインターンシップを受け入れてみま


「出会い」で学校を活性化したい! 熱い社会人集団JSDNの「高校出張授業」

高校時代に出会った「大人」、覚えていますか? 「高校時代のあの人との出会いで、自分の人生が変わった!」という経験のある方は、とてもラッキーだといえるでしょ


不安とギャップを減らす! 高卒向け採用サイト、必須コンテンツTOP3

2018年3月の高卒新卒採用の求人倍率は2.08倍と25年ぶりの高水準を記録。一方、就職を希望する高校生の数は前年より2.6%減少しており、企業にとっては採


バイトはお仕事経験の第一歩! 始める前にチェック!高校生アルバイト雇用のルール

高校生の皆さん、バイトであってもさまざまな労働に関する法律で守られていること、知っていましたか?長期のお休みにアルバイトを始めようか、と考えている方もいるの


あなたの「体験してみたい仕事」がきっとある 冬休みにトライ!自分でチョイスして申し込めるインターンシップ

高1、高2生におすすめ 高校1、2年生の皆さん!自分の未来のこと、考えていますか?高卒での就職を決めている人だけでなく、誰もが近い将来社会人となり何かしら