高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


防ごう!早期退職 新入社員をやめさせない、6つの処方箋

2017/11/09  437 views

青空にサポートの文字
若い人材の確保が難しくなっている、と感じている企業のご担当者は少なくないと思います。せっかく採用した新卒採用の若者には職場に定着し、成長していって欲しいとお考えのことでしょう。そこで、早期の離職を防ぐためのヒントをご紹介します。若い働き手には少し細やかな配慮がいるようです。

1年以内に2割が離職

高校を卒業して入社後3年以内の離職率は、平成12年の5割から平成20年以降4割弱と低下傾向にあります。しかし、1年以内の離職は平成25年時点で2割と昭和62年に統計を取り始めてからあまり変わりがありません。高校から新卒で入社する社員は18才。最初の1年間をうまくサポートすることが重要になりそうです

会社を辞める理由とその対策

東京都労働局では新入社員が不満を抱き始める原因・遠因を以下のように整理しています。それぞれの対策とともにチェックしてみましょう。
1.仕事に興味がもてない、あるいは適性にあっていない
やりがい」を感じられることはとても重要です。小さなゴールや達成感を味わえるよう、適切な教育を計画的に行って能力をのばす工夫が必要だといえます。また、提案制度などでアイディアを実務に反映させることもやる気をおこす効果があります。

2.応募時の条件と労働条件が異なる
労働条件や環境は、働き手にとっても最も強い関心のある部分です。また、誤解を生みやすいところでもあるので、現状の把握とともに、今後の改善策などを正しく理解させることが大切です。

3.賃金などの経済的問題
労働条件とも関係しますが、昇給・昇進などの人事評価を「公正さが感じられる」ように行うことで、将来に希望を持てるようになります。

4.職場の人間関係がうまくいっていない
職場の監督者が目を配ることが重要です。若い働き手には身近な先輩社員の中から適任者を世話係・指導係などとして決め、常に気軽に相談ができる体制にすることが大切です。

5.私生活のことで悩んでいる
若者はプライベートでのトラブルや悩みが仕事に影響しやすい傾向があります。職場の世話役や先輩社員が身近な大人としてサポートすることで、仕事に集中できるかもしれません。

6.家庭の事情で悩んでいる
こちらも相談できる同僚がいる環境があることが重要です。休暇や手当を含む福利厚生など、退職を考える前に会社としてフォローできることがないか考えるきっかけになります。

対応は先手必勝

いずれの問題も、早い時期であれば適切なコミュニケーションをとることで解決する可能性があります。しかし、気づかなかったり、放置してしまうと問題行動や突然の退職という結果を招きかねません。特に若い働き手ほど悪い事態に陥るスピードが速いもの。早めの対策をしておくことが重要です


この記事の関連タグ
, , , , , , ,
関連記事

「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(73)SIA株式会社

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、SIA株式会社の採用サイトに注目してみました。


高校生に起業家マインドを!中小企業庁の高校生向け「起業家教育」プログラムって何?

中小企業庁(中小企業の育成、発展のために、経済産業省の外局として設置された行政機関)がおこなっている「起業家教育」プログラムをご存知ですか? 高校生を対象


「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(72)村田製作所

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、村田製作所の「高校卒業予定者採用情報」ページに着目してみ


高校生自ら就職先の自己開拓はできる。正しい自己開拓のすすめ方!!

高校生の就職活動は、「1人1社制」など独特のルールがあり、高校生と企業が直接接点を持つ機会なども制限されています。そのため、限られた情報の中、学校主導で就職先を


高校生にこそ必要!「決断力」を身につけて、自分に合う就職先を見つけよう!

「高校卒業後の進路選択」は、高校生活の中でも重要な決断です。就職を考えている高校生にとっては、人生を左右する大きな決断になるでしょう。 この決断をする時、