高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


どう関わる?こどもの就職活動 家庭でできる「自分らしさ」発見サポート

2017/12/14  39 views

ソファのあるリビング
高校を卒業したら就職する」と決めたお子さん、あるいは「就職しようか迷っている」お子さんに対しどのように接していらっしゃいますか?高校生の就職活動は短期決戦。始まる前、活動の最中、それぞれに高卒での就職を考える高校生のサポートの仕方についてあらため考えてみました。

先生と連携して

高校生の就職活動は学校生活に極力影響の出ないよう、スケジュールや応募の仕方などに細かいルールがあります。進路指導担当の先生のサポートに添って活動できれば、応募から就職先の決定まで比較的短期間で終わることが多いようです。

なかなか動き出せない生徒も‥

基本的には先生がフォローしてくださいますが、実は「相談に来ない」もしくは「のらりくらり」な生徒が結構いるようなのです。動き出した方がいい、とわかっていても不安だったり、追い詰められたような気持になると、積極的になれないのもわかります。

就職活動が本格化する前に

高卒者への求人票は7月に学校へ届き、9月中旬に選考開始となります。それまでに社会にどのような仕事があるのか、どんな会社で働きたいのか、のイメージを膨らませておく必要があります。身近な大人ができることはどのようなことでしょうか。

視野を広げる

高校生が「仕事」を考えるとき、なじみのあるサービス、知っている商品に目が行きがちです。一般的に有名でなくとも、優良な企業や働きやすい職場がたくさんありますよね。地元にある堅実な会社などは高校生にとって良い就職先になるでしょう。知人に仕事の話しをしてもらうなど、大人と関わる練習もかねて、多くの人の意見を聞く手伝いをしてみてはいかがでしょうか。

自分自身を知る

自分の長所、短所をきちんと言葉にできる高校生は多くありません。好きなこと、得意なことは仕事への適性を考えるのに欠かせませんし、就職面接でも必ず聞かれます。成長の歴史を見てきた親だからこそわかるお子さんのよいところ、優れたところをぜひエピソードとともに振り返ってください。大切なことは、なるべくポジティブな面を見ること。「苦手」については本人の分析にまかせましょう。

陥りがちなNG行動

就職活動が佳境に入るとついやってしまうのが「過保護」「過干渉」。かといって「無関心」も子どもにとってつらいものです。高校卒業が現実的なイメージになる高校3年生。一生懸命な子も、はたから見るとのんびりしすぎな子も、胸の中にはさまざまな思いが渦巻いています。短期決戦の高卒の就職活動で親子ともども焦らずにすむよう、早い時期から自然なサポートを心がけたいものです。


この記事の関連タグ
, , , , ,
関連記事

4年育てて大卒以上の戦力へ 採用難で注目の「高卒新卒」最新事情

深刻化する人手不足のなか、高卒で就職する高校生に注目が集まっています。大学生の新卒採用に苦労する企業が増加しており、今後、より高卒採用シフトを強める会社


高校生に地元企業の魅力をアピール! 自治体と銀行が連携、「学校へ行こう」プロジェクト

地域の銀行と高校生? 「地元の優良企業」の情報。これは高卒で就職を考える高校生にとってとても関心の高いものです。「地元の企業のことをよく知っている」といえ


不安とギャップを減らす! 高卒向け採用サイト、必須コンテンツTOP3

2018年3月の高卒新卒採用の求人倍率は2.08倍と25年ぶりの高水準を記録。一方、就職を希望する高校生の数は前年より2.6%減少しており、企業にとっては採


「よい職場」は大切な「居場所」に 。若者の充実感と「居場所の数」の関係

「居場所」の意味 お子さんがほっとできる「居場所」について考えたことはありますか?そんな風にあらためて問われると、心配になる方もいらっしゃるのではないでし


「めざせ!地域のスペシャリスト!」 石巻北高校、総合学科からの挑戦

高校生と仕事=キャリア 高校卒業後の就職と職種をイメージして進路を選ぶ中学3年生は多くはありません。工業高校などの職業学科を選び、高卒で就職するイメージを