高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


求人票の準備は万端ですか? 応募者増加につながる求人票の書き方のコツ!!

2019/06/24  160 views

6月から高卒採用のハローワーク求人票提出が始まっており、7月には高校への送付や学校訪問が解禁になります。高校生を採用したいとお考えの企業のご担当者の皆さん、準備は進んでいらっしゃいますか?

求人票は、高校生と企業の最初の出会いのツールであり、第一印象を与える大切な書類になります。そこで、今回は、高校生にいい印象を与え、応募者が増える求人票の書き方のコツをお伝えします。

色鉛筆

「青少年雇用情報欄」がカギ!!

2019年3月1日より、求人票に追加された「青少年雇用情報欄」。この欄をしっかり記入することが、応募者増加のカギを握っています。

高校生が求人票の項目で重視するポイントの上位には「給与」とともに「離職率」「仕事内容」「福利厚生」があがってきます。

青少年雇用情報欄に記載される「過去3年間の離職者数や平均勤続年数」、「有給休暇取得の実績」などの数値は、求人票を見る高校生が注目する、とても重要で興味のもたれる情報です。

職場情報の提供はメリットがたくさん!!

青少年雇用情報欄をしっかりと記入しておくことで得られるメリットは3つあります。

高校生の応募意欲をかきたてる
充実した情報提供ができれば、高校生は自分がその会社で働くイメージを具体的に持つことができます。応募意欲が高まり、応募者の増加が期待できます。

ミスマッチの防止
高卒採用で大きな悩みのひとつである「入社後のミスマッチ」。青少年雇用情報欄をしっかり記入しておけば、あらかじめ職場情報を理解したうえで入社できるので、入社後のミスマッチによる早期離職を防げます。定着率向上にもつながるでしょう。

企業イメージの向上
企業の情報をきちんと提示することで、高校生にとって「透明性が高い会社」という評価が得られます。企業情報の「見える化」で、企業のイメージもUPするでしょう。

分かりやすく!が鉄則

求人票を書くうえで、忘れてはならないのが、「分かりやすく書く!」ということ。せっかく仕事内容の欄に詳しい情報を載せても、業界の専門用語を使ってしまっては、高校生には伝わらず、むしろ敬遠されてしまいます。先生や高校生が仕事内容をイメージしやすいように、求人票の説明を高校生目線の文章にしてみましょう。

求人票は持参がおすすめ!

高卒採用が大人気の昨今、7月の求人票解禁日には、生徒数を大きく上回る数の求人票が学校に届きます。郵送で送るよりも求人票を学校に持参すると、より自社を印象付けることができます。また、その高校の求人状況を知ることもできるでしょう。

いかがだったでしょうか?
高校生が目を通す求人票は、有望な人材を確保するためにとても大切なツールになります。たくさんの求人票の中から興味をひく求人票になるよう、「高校生目線」を意識した内容になるよう工夫してみてください。


関連記事

「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(73)SIA株式会社

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、SIA株式会社の採用サイトに注目してみました。


高校生に起業家マインドを!中小企業庁の高校生向け「起業家教育」プログラムって何?

中小企業庁(中小企業の育成、発展のために、経済産業省の外局として設置された行政機関)がおこなっている「起業家教育」プログラムをご存知ですか? 高校生を対象


「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(72)村田製作所

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、村田製作所の「高校卒業予定者採用情報」ページに着目してみ


高校生自ら就職先の自己開拓はできる。正しい自己開拓のすすめ方!!

高校生の就職活動は、「1人1社制」など独特のルールがあり、高校生と企業が直接接点を持つ機会なども制限されています。そのため、限られた情報の中、学校主導で就職先を


高校生にこそ必要!「決断力」を身につけて、自分に合う就職先を見つけよう!

「高校卒業後の進路選択」は、高校生活の中でも重要な決断です。就職を考えている高校生にとっては、人生を左右する大きな決断になるでしょう。 この決断をする時、