高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


知っておきたい! 高校生が就職を決める時に見るポイント!!

2019/07/01  151 views

9月の半ばに始まる高卒新卒の採用選考。2週間程度で6割以上の高校生が内定を決めてしまう短期決戦です。目標の採用人数を獲得するために準備を進めている企業も多いでしょう。有利に採用活動を進めるには、高校生が就職や企業に何を求めているのかを知ることが必要不可欠!!高校生の考えを知った上で、早めに準備・対策をすることで、採用活動の成功にグッと近づきます。

ポイント

データから見る「仕事を選ぶ時に重視すること」

厚生労働省が発表した、「30年版子供・若者白書」によると、高校生が職業を選ぶ時に重視することのTOP3は以下の通りでした。

1位:安定して長く続けられる
2位:やりたい事ができる
3位:福利厚生の充実

また、実際に高卒生の採用に成功している企業からは「給料よりも福利厚生の充実を重視する傾向にある」「有給休暇の取得や残業代の支払いなどをしっかり整備したら応募が増えた」という声も。最近の高校生は、収入よりもやりがいや仕事の内容など、より豊かな生活を送れることが大切だと考えていることが伺えます。

高校生が就職先を選ぶ時の決め手は「安心感」!?

一方で、学校の先生からは「生徒達の就職活動の基準は安心感のようだ」という意見も。高校生にとって「安心」して働ける企業かどうかが、就職先を決める時のとても重要な決め手となっているようです。

昔のように「背中をみて学べ」という姿勢は通じなくなっています。丁寧な研修制度が整備されていて、福利厚生が充実している会社で働き、数年先のビジョンの見通しがたつ「安心感」。このような理想の働き方をもとめて、高校生は求人票の雇用条件だけではなく、会社案内のパンフレットやホームページなどにも、しっかり目を通すそうです。

高校生が求めている情報はこれ!

ある企業がおこなったヒアリング調査の結果、「欲しいと思った情報・有益だと思った情報」で多かったのは以下のような意見でした。

【欲しい情報】
・入社後どんな作業をするのか、全体的なイメージが分かるものが知りたい
・必要な資格は何か
・社員や先輩の意見が聞きたい
・会社の環境や雰囲気が知りたい

【役に立った情報】
・ホームページにあった仕事紹介などの動画
・年齢ごとの給与を解説した図
・高卒で目指せる役職
・社員の1日というコーナー

分かりやすいパンフレットやHPで高校生の興味をひこう!

企業としては、自社の業績などをアピールすると良い、と考えがちですが、高校生が求めているのは、安心して働ける会社かどうかの判断材料です。最近では、生徒自らが会社名をネット検索するため、ヒットしなかったりパッと見て小難しそうなHPだと敬遠されてしまいます。

高校生の興味をひくポップなイラストや写真を使ったり、漫画形式にしたパンフレット、動画を載せたHPや高校生向けに作られた採用サイトを充実させるなど、分かりやすく情報提供をしていくことで、企業に興味を持ってもらいやすくなります。

できるだけ早めの対策を!

ヒアリング調査によると、就職のために情報収集を開始した時期は「高校3年になってすぐ」と答えた生徒が半数を占めています。求人票が解禁になる前から、高校生は情報収集を始め、複数の企業を比較検討しているのです。

他の企業との差別化を図るためにも、パンフレットやHPを充実させるなど、早めの対策が必要なのではないでしょうか。


関連記事

「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(73)SIA株式会社

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、SIA株式会社の採用サイトに注目してみました。


高校生に起業家マインドを!中小企業庁の高校生向け「起業家教育」プログラムって何?

中小企業庁(中小企業の育成、発展のために、経済産業省の外局として設置された行政機関)がおこなっている「起業家教育」プログラムをご存知ですか? 高校生を対象


「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(72)村田製作所

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、村田製作所の「高校卒業予定者採用情報」ページに着目してみ


高校生自ら就職先の自己開拓はできる。正しい自己開拓のすすめ方!!

高校生の就職活動は、「1人1社制」など独特のルールがあり、高校生と企業が直接接点を持つ機会なども制限されています。そのため、限られた情報の中、学校主導で就職先を


高校生にこそ必要!「決断力」を身につけて、自分に合う就職先を見つけよう!

「高校卒業後の進路選択」は、高校生活の中でも重要な決断です。就職を考えている高校生にとっては、人生を左右する大きな決断になるでしょう。 この決断をする時、