高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


高卒就職2018、採用テクニック(1) 春に活動開始!7月求人票公開までにやっておきたい3つのこと

2018/04/05  141 views

メモを取る男性の手元

出遅れないで!2018年高卒新卒採用

2018年度の高卒新卒採用も高校生の売り手市場が予測されます。高校生の採用活動はハローワークへ求人申込み書を出す6月にならないと始められない、と思っている企業のご担当者の皆さん!その前にできることがあります。今すぐにでも始めたい高校生の採用に向けたアクションをご紹介します。

求人活動ではない学校訪問

採用のターゲットになる地元の高校に7月1日以降、公開になった求人票を持参するという人事のご担当者が多いと思います。実際、ハローワークの指導でも7月1日以前の「学校訪問は禁止」となっていますが「求人・採用」と関係のない学校訪問なら問題ありません。

企業と学校の情報交換

生徒を推薦して欲しいと考える地元の高校との関係づくりは重要です。進路指導担当の先生に社風をはじめとして入社後の育成・キャリアアップ制度、人材に関する方針などの自社についての情報、入社した卒業生の様子などをしっかり伝えられれば安心して生徒を推薦してもらうことができます。また、在校生に関する一般的な情報や学校が企業に望むことなどのヒアリングもできるでしょう。

4~6月は学校訪問に適した時期

2~3月は入試、学年末試験、卒業式、教員の人事異動と慌ただしい期間。7月以降は短期決戦の就職活動が始まりますので先生方は猛烈に忙しくなります。春の比較的余裕のある時期に情報提供のための学校訪問をすることで、進路指導の先生とのコミュニケーションがとりやすくなる準備をしてはいかがでしょう。

自社サイトでの情報発信

7月1日の求人票公開を待たず、企業選びを始める生徒もいます。ほとんどの高校生が就職活動においてネットでサイトを検索。企業のホームページは多くの会社で公開していますが、高校生向けの情報提供ページがあるところはまだ多くありません。

高校生にとって実際の仕事や自社で働くイメージ、先輩社員のリアルな声は大きなインパクトがあります。高校生への「どんな情報があると良い?」というアンケート結果にも「ホームページに実際の仕事の様子がわかる動画や、入社1~2年ぐらいの社員の生の声があればよい」という声が。春にサイトの充実ができれば他社との差別化になるのではないでしょうか。

インターンシップや職場体験の受入準備

夏には求人票を見て興味を持った高校生の職場見学を受け入れる企業が多いようです。1人1社しか応募することのできない高校生が事前に会社に実際に出向く唯一のチャンス。しっかりと準備をして応募意欲をつくりたいものです。

直接今年の採用に関わるものではありませんが、1.2年生のインターンシップ受入れも積極的に行うことをおすすめします。多くの高校では2年次の夏以降に企業でのインターンシップを実施。学校は独自に受入れ企業探しを行っています。キャリア教育の一環として行われるインターンシップは社会貢献でもあり学校との関係づくりにも役立ちます。

春は学校とのリレーション作りと高校生の興味をひき、応募の動機付けになる種まきの時期。応募開始の9月に欲しい人材の応募が来るよう準備を始めてください!


この記事の関連タグ
, , , , ,
関連記事

高卒就職2018、採用テクニック(3) なにが違うの?「指定校求人」と「公開求人」のメリット・デメリット

高卒で就職する高校生の採用にはさまざまなルールがあります。求人の出し方もそのひとつ。高校生新卒採用の際にどちらかを選ばなければならない「指定校求人」と「公開


高卒就職2018、採用テクニック(2) 高校生が重視するポイントは給与、勤務地、離職率

高校生は、高卒での就職先を何に注目して選んでいるのでしょうか?高卒新卒向けの求人票は全国統一フォーム。たくさんの求人票を見比べるために、ポイントを絞ってチェ


持って欲しいのは「見通しを立てる力」 高校生に伝えておきたい早期離職のリスク

高卒で就職した若者の4割が3年以内に退職しています。1年以内の退職者は平成28年3月のデータで17.2%。低下傾向にあるものの、短期間で離職してしまうケース


「脱・保護者」へモード転換の時 。高校生の「自立」を支援する関わり方

高校生になったお子さんへの接し方、意識的に変えていますか?高校生期は子どもから自立した大人へと変化していくうえで重要な時期です。親も「保護者」という感覚を少


「ちょうどいい」が難しい! 進路選び、高校生が親に「してほしいこと」「やめてほしいこと」

「進路の話」していますか? 高校生のお子さんと進路についてどんな風に話をしていますか?お節介でも、放任すぎてもダメ…ちょうどよい距離感はなかなか難しいもの