高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


高校生をシゲキするキャリア教育(2) 脱「出口指導」の処方箋

2017/05/11  50 views

bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_m

効果的なキャリア教育を創る実践のベースとなる情報をご紹介するシリーズ。前回は「生徒たちの今を語るデータ」をとりあげました。2回目は現在のキャリア教育をめぐる動向に注目します。

どう違う?進路指導とキャリア教育

進路指導は「卒業時の進路をどう選択するかを含めて、(中略)どういう人間になり、どう生きていくことが望ましいのかといった長期的展望に立っての人間形成をめざす教育活動である」(進路指導の手引きー個別指導編」昭和55年)などとして位置づけられてきました。

進路指導とキャリア教育、狙いにおいてはほぼ同じと言えるでしょう。ただ、進路指導が中学校や高校における教育活動であると見なされてきたのに対し、キャリア教育は幼児、初等教育段階から成人をも対象としており、この点が大きな違いであるといえます。

進路=出口?の反省

また、実際に行われてきた進路指導はその理念を必ずしも反映したものとはいえませんでした。体系だった指導や、一人一人の発達を長期的視点から支援するといった意識や姿勢が希薄であることなどが指摘されています。

入学試験や就職試験 に合格させるための支援や指導に偏った取組み、いわゆる「出口指導」はその典型でしょう。卒業直後の行先を確保するだけでなく、社会で生活を築き、自立して生きていくために何を学ぶべきかという視点を持った指導が必要であるといえます。

大学進学をめざす生徒に対しても「大学の向こうにある社会」を強く意識させる取組みが求められます。進路選択の先送りや将来設計のあやふやな進学をする生徒が増加。大学中退者は約10%にのぼり、その半数は非正規雇用となっているのが現状です。

能力と態度を育てる

平成23年中央教育審議会はキャリア教育を「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」と定義しました。これはキャリア教育のとらえ方の誤解やばらつきを是正し、本来の理念を理解・共有するために示されたものです。

キーワードは「能力と態度の育成」。教育活動の評価は、やるべきことをやったかどうかの「アウトプット評価」から、ちゃんと力がついたかどうかの「アウトカム評価」を行い、成果の検証や改善を行っていくことが重要です。

「キャリア発達」の意味も確認しておきましょう。「社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現していく過程」。これは子どもだけのものではありません。人が生涯を通じ、段階をおってたどるものであり、各段階で取組むべき課題があります。

進路指導を含むキャリア教育は若者をめぐる社会問題に直接アプローチする重要な取組みです。子どもたちが「生きる力」を身につけ、直面するさまざまな課題に柔軟かつたくましく対応できるようにする教育が強く求められています。


関連記事

いっそ社長になりませんか? オーナー社長の大卒5割、高卒・中卒4割

日本の社長ってどんな人たち? 「社長になる!」という目標を持っている高校生はどのくらいいるでしょうか?「希望どおりに就職できるかどうかわからないのに…」と


あの有名企業でお仕事体験! 高校生キャリア支援プログラム「ゆめっと」

学校を通して行われるインターンシップよりも少し気軽に、高校生の皆さんが職場体験をできるプログラムがあります。個人の興味や関心にあわせ、自由に応募したり参


実は使える公的サポート 厚生労働省の若者おしごと支援(3)地域若者サポートステーション

厚労省の若者就労支援施策をご紹介するシリーズ、これまで「ジョブカフェ」「ユースエール認定制度」をとりあげてきました。今回は学校や仕事から離れている若者を


自分で見つける仕事体験! 公募型高校生インターンシップに注目

高校生のお子さんをお持ちの保護者の皆さん、「うちの子のスイッチ、なんとかオンにならないかしら」と思っていらっしゃいませんか? 今、職場体験やインタ


高校生でも10分で理解できる! 高卒就職のための早わかり業界研究~百貨店・スーパー業界編

高校生にもわかる業界研究シリーズ。「食品業界」「建設業界」「IT業界」「自動車業界」とご紹介してきました。今回は、最終消費者に商品を販売する小売業、その