高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


不安はどんなこと?子ども若者白書から読みとる「若者の仕事意識」

2019/01/25  117 views

働くことに不安を感じている若者が多いことが、内閣府が公表した平成30年度版の「子ども・若者白書」より明らかになりました。

「子ども・若者白書(旧青少年白書)」とは、子ども・若者育成支援推進法に基づき、高校生を含む16~29歳の子どもや若者の現状と、政府が実施した支援施策についての報告書です。平成30年度版の特集「就労等に関する若者の意識」の結果の一部をご紹介しましょう。

高卒249(仕事意識)

若者が抱える不安とは

「子ども・若者白書」によると、働くことに対して若者が抱える不安で上位を占めたのは以下のような回答でした。

・十分な収入は得られるのか
・老後の年金はもらえるのか
・しっかり仕事ができるのか
・仕事とプライベートは両立できるのか
・職場での人間関係はうまくいくのか

働く意欲はあっても、「社会に出ること」や「働くこと」に対して、未知なことが多すぎるため、不安がぬぐえないというのが本音なのかもしれません。高校時代など学生の時期に社会のことを知り、職業観を養うことは、不安を解消するきっかけになるのではないでしょうか。

キャリア教育・職業教育の重要性

そこで問われるのが、キャリア教育や職業教育の重要性です。「子ども・若者白書」の報告によると、キャリア教育や職業教育を受けたことのある若者が、役に立ったと実感した効果は以下の通りでした。

・働くことの重要性がわかった
・コミュニケーション能力の大切さがわかった
・自分の視野や考え方が広がった
・ビジネスマナーが分かった
・就職先を選ぶときの参考になった

これらの効果を見ると、若者が抱える働くことへの不安解消に、高校などにおけるキャリア教育や職業教育が効果的であることが分かります。

キャリア教育とは?

最近よく耳にするようになった「キャリア教育」という言葉。聞いたことはあるけれど、ピンとこないという人も多いのではないでしょうか。「キャリア教育」とは、子どもや若者が将来、職業的、社会的に自立するために必要な能力を、日々の教育活動を通して育てていくことです。

小中学校や高校、地域社会での「キャリア教育」の取組みを通して、職業観や働くことの意味を学ぶことで、社会に出た時に必要な能力を身につけることができます。また自分の進路等を自ら選択し決定する主体性や、積極的に仕事に取り組む姿勢を身につけることもキャリア教育の目的のひとつです。

百聞は一見に如かず?!

テレビやインターネット、SNSなど、多くの情報は溢れていますが、子どもや若者達が毎日の生活のなかで、仕事をする大人の姿に触れる機会は多くはありません。キャリア教育では、いろいろな職業人と触れ合い、子どもが自ら学ぼうとする意欲を育成することが大切です。

学校以外でも、「職場体験」の場を与えるイベントを開催している企業も多くあります。スターバックスでは、夏休み期間に、働きながら地域と関われる高校生向けのプログラム「Youth Connection@STARBUCKS」を実施しています。

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように、たくさんの情報を得るよりも、一度自分で体験してみる方が、気づきが多いものです。学校で積極的に職業やキャリアを学ぶ場を生徒に与え、高校生自らが企業の職場体験やインターシップ制度を活用して職業観を養うことが、「働くことへの不安」を解消する近道ではないでしょうか。


関連記事

「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(73)SIA株式会社

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、SIA株式会社の採用サイトに注目してみました。


高校生に起業家マインドを!中小企業庁の高校生向け「起業家教育」プログラムって何?

中小企業庁(中小企業の育成、発展のために、経済産業省の外局として設置された行政機関)がおこなっている「起業家教育」プログラムをご存知ですか? 高校生を対象


「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(72)村田製作所

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、村田製作所の「高校卒業予定者採用情報」ページに着目してみ


高校生自ら就職先の自己開拓はできる。正しい自己開拓のすすめ方!!

高校生の就職活動は、「1人1社制」など独特のルールがあり、高校生と企業が直接接点を持つ機会なども制限されています。そのため、限られた情報の中、学校主導で就職先を


高校生にこそ必要!「決断力」を身につけて、自分に合う就職先を見つけよう!

「高校卒業後の進路選択」は、高校生活の中でも重要な決断です。就職を考えている高校生にとっては、人生を左右する大きな決断になるでしょう。 この決断をする時、