高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


「内定辞退がほぼない」新卒採用!高卒生採用の魅力

2019/03/21  386 views

近年の深刻な少子化の影響を受け、新卒採用で若手社員を確保するのが厳しい現状が続いています。大卒採用では、時間をかけて採用活動をしても、内定辞退されてしまうケースが多く見られ、その対応に頭を悩ませている企業も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいのが高卒新卒生の採用です。高校生の採用活動は、採用スケジュールが決まっているなど、いくつか決まりがありますが、それを守れば得るものが大きいのが魅力です。高卒採用のメリットを詳しく見ていきましょう。

【256】高卒

内定辞退率が低い!

高卒新卒採用の最大のメリットは内定辞退率の低さです。大卒新卒者の内定辞退率は約65パーセントにもなると言われています。その点、高卒生は「一人一社制」のルールもあるため、原則的に内定辞退はありません。

一般的に、高校生は学校を通して就職活動を行います。基本的に併願がなく志望度が高いので、応募があったのに面接に来ないということもなく、内定辞退率がかなり低いのが実情です。そのため、企業側も採用計画が立てやすくなります。

高卒生ならではの魅力

大卒就職者の方が即戦力になると思われがちですが、高卒生には「素直さ」と「若さ」という武器があります。また、大学進学ではなく就職を選択した理由はさまざまで、「社会に出て早く一人前になりたい」という意欲を明確に持っている高校生が多いのも特徴です。

同世代の大卒就職者が入社してくる時には、高卒就職者は4年間しっかりスキルを磨いて一人前になっているでしょう。10代のうちに様々な事を吸収し、20代ではバリバリ活躍できるようになっているのが、高卒人材の大きなメリットの1つです。

若手が活躍する会社に!

高卒採用をした場合、「しっかり社会人として育てよう」という思いが企業に芽生えます。研修やフォロー体制が整い、若手社員の育成に取り組む企業として認知されれば、高卒新卒生採用だけではなく、大卒新卒の採用にも繋がるでしょう。社員のモチベーションも上がり、自然と若手社員が活躍する会社になることが期待できます。

採用コストが削減できる

大卒採用との大きな違いは、採用の窓口がハローワークや学校の先生であるということ。そのため、広告費が大幅に削減できます。そのお金を、入社後の育成教育費に充てるなど、有効活用ができます。

継続的な採用の可能性

高校生の就職活動は、高校の進路指導担当の先生が大きく関わります。卒業生が就職した先でしっかり教育を受け、活躍しているのが分かれば、「あの会社に就職させれば安心だ」という信頼に繋がります。その結果、継続的な採用に繋がる可能性があるのです。企業の人事担当者が、進路指導の先生との間に信頼関係を築くことができれば、高卒採用においての力強い武器になるでしょう。

内定辞退率が非常に低く、たくさんのメリットがある高卒採用。先入観に惑わされず、高校生の能力を信じて採用を考えてみてはいかがでしょうか


関連記事

「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(73)SIA株式会社

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、SIA株式会社の採用サイトに注目してみました。


高校生に起業家マインドを!中小企業庁の高校生向け「起業家教育」プログラムって何?

中小企業庁(中小企業の育成、発展のために、経済産業省の外局として設置された行政機関)がおこなっている「起業家教育」プログラムをご存知ですか? 高校生を対象


「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(72)村田製作所

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、村田製作所の「高校卒業予定者採用情報」ページに着目してみ


高校生自ら就職先の自己開拓はできる。正しい自己開拓のすすめ方!!

高校生の就職活動は、「1人1社制」など独特のルールがあり、高校生と企業が直接接点を持つ機会なども制限されています。そのため、限られた情報の中、学校主導で就職先を


高校生にこそ必要!「決断力」を身につけて、自分に合う就職先を見つけよう!

「高校卒業後の進路選択」は、高校生活の中でも重要な決断です。就職を考えている高校生にとっては、人生を左右する大きな決断になるでしょう。 この決断をする時、