高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


高卒新卒の就職活動「履歴書」の書き方~自分を伝えるポイントはこれ!

2018/07/26  1,999 views

プロフィール

「履歴書」は高卒就職の重要ツール!

高卒新卒生を採用したい企業が、最初に応募者の高校生と接するのが「履歴書」です。「どんな高校生が応募してくれたのだろう」と期待しつつ、届いた応募書類封筒を開くのではないでしょうか。

就職活動をする高校生にとって「履歴書」は志望企業への第一印象を作る重要なアイテムです。様式は基本的に全国共通。4種類の項目名と記入欄が設けられています。項目ごとに記入のコツや注意点をみてみましょう。

全国高等学校統一用紙

左半分は氏名や住所、学歴などの基本事項。特に難しいことはないので、学校での指導通り丁寧に記入すればOKです。そして右半分が勝負所!相手が知りたいことを想像し、しっかりと記入しましょう。

資格等

英検、漢検、簿記、情報処理など。取得した資格の正式な名称を、取得年月の順に記入しましょう。

趣味・特技

あまり大きな欄ではないのですが「あなたらしさ」を感じてもらえる項目です。面接で「特技のこれは、どういうことなの?」などと話しがふくらむかもしれません。

パッと思いつくことのある人は、もちろんそれを!「特に思い浮かばないな…」と思う人は周りの人に聞いてみるといいですよ。自分では当たり前だと思っていて気づかないようなことを、家族や友人から「これが得意だよね」と指摘してもらえるのではないでしょうか。

校内外の諸活動

部活動、生徒会、ボランティア、アルバイトなどについて記入します。(学校が用意する調査書にも、特別活動の記録という欄があるので、矛盾しないよう先生に確認しておきましょう。)

一生懸命活動したことはどんなものでもアピールになります。部活動についてなどは、面接で質問されることも多いようです。高校生活の中で充実していたこと、そこから学んだことを語れると良いですね。

志望の動機

スペースの半分を占める大切なパートです。外せないポイントは3つ。
「どんな仕事をしたいのか」
自分をよく見つめ、応募する職種や仕事との関係を言葉にしましょう。「人と話すことが好きだから接客の仕事をしたい」「ものづくりに興味があるので製造の仕事をしたい」など前向きな理由で選んだことがわかるよう書きます。
「何故その会社に入りたいのか」
「お給料が高い」「家から近い」…それも大切な理由ですが、志望動機に書く理由としては今一つです。

「その会社の魅力をどれだけ理解しているか」が大切!企業の目指している姿や働いている人などのことをきちんと調べ、採用担当者に「きちんと理解しているな」、と感じてもらえるようにしましょう。
「自分の未来をどんな風にしたいのか」
高校生の採用には、企業側の「成長への期待」があります。未来をイメージし、そこに向かって進んでいこうと決意ができている高校生には、大いに可能性を感じますよね。

企業は一緒に働きたい、成長を応援しよう、と感じられる高校生を採用したいと思っています。特別字がきれいでなくても、丁寧に書いたことはきちんと伝わります。照れずに、素直に、真剣に。想いを込めて履歴書を書きましょう!


この記事の関連タグ
, , , , ,
関連記事

「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(63)今治造船株式会社

高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信している会社のサイトをご紹介するシリーズ。今回は、今治造船株式会社の採用サイトに注目してみました。


働くための知識が離職を防ぐ?労働法を高校生の必修科目に!

期離職率の高さが社会問題になっています。毎年、厚生労働省が発表している「3年以内の離職率の推移」によると、大卒新卒者の3年以内の早期離職率は約3割。高卒新卒者の


最初が肝心!高校新卒社員サポートのコツ

大学卒就職者に比べて、早期離職率が高い高校新卒就職者。3年以内の離職率は約4割にもなると言われています。特に、高卒就職者の1年目の離職率は18.2%で、大学卒就


「高校生積極採用」アピールの企業サイト&求人情報チェック!(62)株式会社ドン・キホーテ

高校生の皆さんにも馴染み深い「ドン・キホーテ」。高卒で就職を考えている高校生に向け、積極的に情報を発信しています。ドン・キホーテの高校生向け採用サイトに着目して


地域の活性化×高校の魅力アップ!和気閑谷高校の取り組み

「少子高齢化」の問題が深刻化するなか、重要な働き手である若者への期待が大きくなっています。その一方で、若者が働くことへの不安を抱えている事実もクローズアップされ