高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


商業・工業・農業高校から就職するには? 専門別・高卒就職の王道ルート

2016/07/14  1,726 views

商業農業工業
今回は、高校卒業後の進路のお話です。就職率が年々上がっている近年、商業・工業・農業高校から就職する場合、どのような就職先が一般的なのでしょうか。

平成27年3月卒業者106万人のうち、高卒就職者は17.1%の約18万9000人。男子11万5000人、女子が74000人となっています。男子の46%、女子の26%が製造業に就職しており、それぞれ業界別の第1位。以下、男子は建設業、卸売・小売、公務員の順に多く、女子は医療・福祉、卸売・小売、宿泊・飲食サービス。

職種別に見ると、男子が生産工程とサービス、建設が多いのに対して、女子はサービス、生産工程に加えて20%が事務職であることが特徴です。さて、ここからは高校の専門学科別に、特徴的な就職先を見ていきましょう。

商業高校を卒業した人の就職先

OAビジネス、情報処理、会計、秘書などの学科がある商業高校からは、業界を問わず事務職、販売職として就職するケースが多いようです。また、簿記を活かして企業の経理部門に配属されたり、プログラマーの卵としてインターネットやシステム系の中小企業に入社する場合もあります。小売業では、店頭での接客、在庫管理などの仕事に就く人も多いようです。

工業高校を卒業した人の就職先

機械、電気・電子、建設・土木、化学などの学科がある工業高校からは、製造業や建設会社に入社するのが一般的です。最近は、エネルギー関連の企業が積極的に採用していたり、独自の技術で大手メーカーとの取引を増やしている企業もあります。

大手メーカー自身も、工場で働く人材を高卒で採用することも多く、腰を据えて働ける会社も多いでしょう。高校時代にしっかり技術を身に付け、学習への取り組み姿勢を評価してもらえれば、活躍できる環境を手に入れやすくなるはずです。

農業高校を卒業した人の就職先

従来は農家の後継ぎのイメージが強かった農業高校は、園芸センターや食品・飲料関連の企業への就職が多かったのですが、最近は料理、フラワーアレンジメント、動物関連の学科が増え、就職先も多岐にわたるようになりました。

最近、顕著になっているのは、新しいタイプの農業法人や、地元企業への就職の増加です。地元企業については、地場の製パン会社や酒造会社など「生産系」に加えて、ホテルや飲食店などのサービス業、フラワーデザインなどの「装飾系」が徐々に増えてきています。


この記事の関連タグ
, , ,
関連記事

高校生、本気の企画立案体験 ヤマト運輸の高校生経営セミナー

大人のビジネスプラン作りにチャレンジ! 宅配便大手ヤマト運輸の協力を得て、ジュニア・アチーブメント日本が実施している高校生経営セミナーについてご紹介します


お客さん扱いはNG! 目からウロコ、高校生インターンシップ受入れのコツ

メリットいろいろ!インターンシップ受入れ キャリア教育の重要なプログラム、インターンシップ。仕事や将来像が現実味を帯びてくる高校生の職業体験は生徒にとって


高卒で最高の就職をしよう!「保存版!高卒就職対策ガイド」

「高卒の就職活動って、実際どんな風にするの?」そんな高校生の疑問にお答えします。 就職を考える高校生のみなさんに「高卒就職対策ガイド」をお届け。スケジ


自分の長所、見逃していませんか? 試してみよう!「他」己分析

自分再発見! 高校生の皆さん、「他」己分析って聞いたことありますか?「自分って‥」と自己分析をしてみた経験はあるかもしれませんね。でも、自分自身を客観的に


「知ってもらう」から始めませんか? 企業ができる高卒採用ミスマッチ対策

若い人材を確保するため高卒で就職する高校生を採用したい、と考える企業が増えています。ただ、実際高校生の採用活動には多くの制限があります。1人1社しか応募