高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


キャリア、生涯賃金、転職時の評価… 高卒就職が大卒よりもメリットとなる5つのケース

2016/08/08  272 views

大卒より高卒
高卒就職が大卒就職よりもメリットとなることがあるのですが、どのようなケースかご存知でしょうか。高卒就職の利点とリスクを知っておくことで、より納得のいく社会人生活をスタートすることができるでしょう。今回は、大卒就職よりも高卒就職が得をする状況について解説します。

社会人経験が長いと見なされる

大卒の人が大学で学んでいる間は、当然社会人としての経験を積むことはありません。しかし、高卒就職をした場合、22歳までに4年間の社会人経験を積むことになるので、同い年でも社会人経験が長くなります。

将来、一定の業界経験を求められる職種やポジションに良い求人があれば、比較的早くステップアップできる場合があるのです。

独立準備を早く始められる

独立をめざしている人は、早いうちに実務経験を積んでおきたいのではないでしょうか。高卒就職してさまざまな業務をこなし、早くノウハウをマスターすれば、若いうちに独立への準備を進めることができます。

高卒で仕事を始めれば25歳で、既に7年も仕事をしていることになるのです。このアドバンテージを、独立成功に活かさない手はありません。仕事を通じて必要なことを積極的に吸収するのはもちろん、並行して独立に必要なスキルやノウハウを身に付けるようにしましょう。

学歴不問の業界なら、収入などのハンデなし!

インターネット、飲食、建設関連など、学歴不問の企業が多い業界に入れば、高卒であっても努力次第でマネジメントで活躍することもできます。高卒就職なら、大卒よりも4年早く技術を習得できますので、成果重視・実力主義の会社でキャリアアップする道もあります。

資格取得に必要な実務経験年数に早く届く

仕事で必要な資格を取得する際に、一定期間の実務経験年数が必要なものがあります。大卒就職の場合は、高卒就職の人よりも4年分、必要年数に到達するのが遅くなります。資格が必須な専門的な仕事では、若くして活躍できる場合もあるということです。

自己投資は大学ではなく、自分のキャリアへ!

大学に入学すると、当然4年分の学費を払うことになります。高卒就職して、早期に自分の進むべき道がみえれば、使わなかった学費を自分の知識・技術の向上にあてることができます。

いかがでしょうか。いずれのメリットにもいえるのは、仕事をがんばればがんばるほど早く社会に出たことがメリットとなり、自分のキャリアが早く明確になるほど、資格取得や技術習得の準備に時間をつかえるということです。

高卒就職でも、努力と意志の力で大卒を越えられるケースがあります。まずはしっかり仕事を覚え、与えられた状況のなかで自発的に行動して、プロフェッショナルとしての力を磨きましょう。


この記事の関連タグ
, , , ,
関連記事

「まじプロ」でプチ起業体験?!高校生向けチャレンジプログラムで課題解決のアイデアを学ぼう!

「まじプロ」って何?! まじプロとは、NPO法人Curiosity(キュリオシティ)主催の、高校生向プチ起業体験プログラムのこと。2014年に文京区内の高


大卒が有利とは限らない!!高卒で就職する5つのメリット!!

高校卒業後の進路選択は、真剣になればなるほど悩むことも多いでしょう。進学をせず「高卒で就職する」と決めたものの、「大卒者と比べると、高卒は就職に不利なのでは?」


今、県内就職が熱い!高校生が地元で就職するという選択

高校生の皆さんの中には、「地元で就職するか、県外に出て就職するか」で迷ってる人もいるのではないでしょうか。地域によっては「企業の数が断然多い県外の方が就職しやす


2019夏休み、愛知の高校生インターンシップ情報! やりたい事のヒントが見つかるかも?!

高校生の皆さん!今年の夏休み、インターンシップに参加して「働く面白さ」や「自分のやりたい事のヒント」を発見してみませんか? 最近は、高校生向けのインターン


キャリア教育をもっと身近に! 高校生に「21世紀型スキル」を学ばせよう【前編】

テクノロジーの進化や社会のめまぐるしい変化を背景に、これまでの「教えられる」教育から「自分で学び取る」教育への転換が必要不可欠になってきました。注目を集めている