高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


あなたのお子さんはどっち? 高卒で成功する人しない人・10の傾向(前編)

2016/08/30  381 views

10の傾向
就職において、何かと気になるのが学歴の影響です。就職・転職市場においては、大卒のみ、学歴不問など学歴に関するハードルが必ずありますが、実は高卒・大卒といった大きなくくりだけでなく、資格、適性などさまざまな募集条件が存在します。

ハードルが高すぎる求人に応募しても選ばれず、「うちに大卒の仕事はないよ」などというミスマッチで高学歴の人が落とされてしまうこともあります。必ずしも学歴だけが決め手になるのではなく、求められている人材像に合っているかがポイントになるのです。

高卒者にとって大切なのは、自分のセールスポイントを自覚しアピールすること。若さと伸びしろの大きさという武器を備えた高卒者の中でも、より成功に近い人の資質について考えて見ましょう。

「学ぶ姿勢」

知らない事があるのは当たり前。自分に理解できないこと、わからないことに直面した時にどのような態度を取るかが重要です。調べたり、教わったりして、確実に自分のものにしようとする姿勢があれば必ず成長できます。また、学ぼうとする意気込みが周囲に伝われば、「教えてあげるよ」という助けを呼び込むことにもなるでしょう。

「すぐやめる・やめない」

高校生までは色々なことにトライし、合わなければすぐに方向転換するのも悪くないやり方だったと思います。しかし、仕事においては粘りや根気良さをもって続けていくことがとても大切になります。仕事は簡単で楽しいことばかりではありません。あきらめずに、ある一定期間続ける、と決めて取り組むことで、いつの間にかできなかったことができる自分を発見することでしょう。

お子さんに「やめぐせ」はありませんか?やめるという道を積極的に選ぶことが必要な時もありますが、せっかく得たチャンスを簡単に捨てないよう意識づけをしていく必要があると思われます。

「人のせいにする」

毎日仕事をしていれば、失敗やミスをすることもあるでしょう。学校や家庭では許されていたとしても、社会人としてNGなのは「言いわけ」です。問題を誰かのせい、と片付ける人は一向に成長できません。

何がいけなかったのか、どうすれば同じようなミスが起こらないのか、自分のこととして真剣に考え模索することは問題解決への近道です。また、結果的に周囲の信頼を得て仕事がしやすくなることでしょう。いつも人のせいにする輩と一緒に仕事したくありませんよね。

「手に職や資格」

全く同じ条件であれば、高卒者よりも大卒者の方が就職には有利かもしれません。しかし、明確な技術や資格をもっていれば話は違ってきます。企業が求めるのは即戦力。たとえ実務経験が少ないとしても、資格を取得するには意欲と根気が必要ですから、自ずと高い評価が得られます。

得意なこと、興味のあることを「資格」という目に見えるものにしておけば、自信をもって採用試験に臨めますし、職場での評価も高まります。

「責任感」

仕事はどんな形であれ必ず結果を求められます。自分に与えられた仕事が何であるかをしっかり確認し、それを頼んできた人に応えなければなりません。頼まれたことを、期日ややり方を含めきちんとやりきることは社会人としてとても大切なこと。

責任感を持つと他の人からの信頼がついてきます。やりがいと成長を感じるには、自分の責任を見つめることが重要なのです。


この記事の関連タグ
, ,
関連記事

高卒就職2018、採用テクニック(3) なにが違うの?「指定校求人」と「公開求人」のメリット・デメリット

高卒で就職する高校生の採用にはさまざまなルールがあります。求人の出し方もそのひとつ。高校生新卒採用の際にどちらかを選ばなければならない「指定校求人」と「公開


高卒就職2018、採用テクニック(2) 高校生が重視するポイントは給与、勤務地、離職率

高校生は、高卒での就職先を何に注目して選んでいるのでしょうか?高卒新卒向けの求人票は全国統一フォーム。たくさんの求人票を見比べるために、ポイントを絞ってチェ


高卒就職2018、採用テクニック(1) 春に活動開始!7月求人票公開までにやっておきたい3つのこと

出遅れないで!2018年高卒新卒採用 2018年度の高卒新卒採用も高校生の売り手市場が予測されます。高校生の採用活動はハローワークへ求人申込み書を出す6月


持って欲しいのは「見通しを立てる力」 高校生に伝えておきたい早期離職のリスク

高卒で就職した若者の4割が3年以内に退職しています。1年以内の退職者は平成28年3月のデータで17.2%。低下傾向にあるものの、短期間で離職してしまうケース


「脱・保護者」へモード転換の時 。高校生の「自立」を支援する関わり方

高校生になったお子さんへの接し方、意識的に変えていますか?高校生期は子どもから自立した大人へと変化していくうえで重要な時期です。親も「保護者」という感覚を少