高校生、保護者、教員、採用担当者、専門家…全員参加型の高卒就職&就活情報サイト!

高卒就職・採用フォーラム


自分に合った会社・仕事探し、インターンシップ、就職活動の進め方、奨学金情報…。高卒就職・採用フォーラムは、高校生自身から保護者の方、先生、採用担当者まで、高卒の就職活動に携わるすべての方をサポートするサイトです。


あなたのお子さんはどっち? 高卒で成功する人しない人・10の傾向(後編)

2016/08/30  201 views

10の傾向2
高卒で成功する人と、そうでない人のどこが違うのでしょうか。前編では、「学ぶ姿勢」「責任感」「他責にする」など、5つの傾向を挙げさせていただきました。さて、このほかに、どんな違いがあるのでしょうか。引き続き、成功・失敗を分けるポイントについてチェックします。

「成長志向の有無」

当然ながら大卒者よりも若く、変化の可能性に富んだ高卒者。ただ、漫然と毎日を過ごしていてはもったいないことになります。伸びしろが大きいからこそ、自分のなりたい姿・やりたいことをはっきりと自覚することが大切です。どんな仕事をしたいのか、夢や計画を本人にイメージさせるような対話をするようにしてみてください。

「コミュニケーション力」

よく言われるコミュニケーション力。これについてはいろいろな考え方がありますが、職場においては「他の人の伝えたいことの意味をきちんと理解する」「相手に理解してもらえるように、自分の考えを伝える」ことが重要だと思います。お客様や取引先、職場の同僚など、人と関わらずにできる仕事はほとんどありません。

関わる人の言いたいことは何か、感情や真意を含め理解しようと意識して行動したり話したりすれば、その意欲自体も相手に伝わります。職場のコミュ力の高い人の真似をするのもいいかもしれませんね。コミュニケーション能力を高めれば、わかりあえないことが原因のストレスが減り、結果として仕事の成果もあがります。

「前職で実績を残しているか」

実際に社会に出たら、将来のキャリアについても考えながら、働くひとのほうがより成功に近づきます。中途採用枠に同年齢の人が複数応募してきた場合、大卒者を優先的に採用しようと考える企業も多いようです。このような場合、高卒の方々は、どのような面を武器にすればうまくいくのでしょうか?

企業は即戦力になってくれることを期待して採用活動を行うので、特に中途採用の場合は、「実力」で競うことができます。ライバルが同じ年齢で大卒だったとしても、その分、経験をアピールすれば充分対抗することができるでしょう。転職を成功させるには、前職での実績をアピールすることがコツといえます。何が自分の経験・キャリアになるのかを意識して仕事をしていくことが重要なのです。

「転職先の見極め(学歴フリーの業界・会社)」

では転職先にはどのような会社が適しているのでしょうか。高卒者にとって、大企業や古い企業、歴史ある企業は、学歴の壁が厚い傾向にあるようです。反面、学歴自体はほとんど気にしない企業も多く存在します。

例えばベンチャー企業。IT企業やWeb系の会社は、学歴よりも個人の資質や行動力を評価します。ベンチャーといっても、現在は規模が大きくなっている企業も多く、そういった会社は学歴不問かつ年収が高い、という魅力的な職場であることが多いので、狙う価値は十分にあります。また、外資系企業の中にも、日本に進出したての会社や販売業・小売業など学歴を必要としない業種もあります。

「将来へのビジョンの有無」

将来の自分について明確にイメージできている高校生は多くありません。学校卒業後、どんな会社でどんな仕事をするかという短期的なことで頭がいっぱいかもしれませんが、少し視点を変えて長い職業人生のビジョンを考えるよう促してみてください。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、家族や先生と話し合ったり、就職エージェントなどのプロに相談するという手もあります。大切なことは将来ビジョンを持つこと。目指すものを意識できているかどうかは成功への分かれ道になると思います。前編


この記事の関連タグ
, ,
関連記事

4年育てて大卒以上の戦力へ 採用難で注目の「高卒新卒」最新事情

深刻化する人手不足のなか、高卒で就職する高校生に注目が集まっています。大学生の新卒採用に苦労する企業が増加しており、今後、より高卒採用シフトを強める会社


高校生に地元企業の魅力をアピール! 自治体と銀行が連携、「学校へ行こう」プロジェクト

地域の銀行と高校生? 「地元の優良企業」の情報。これは高卒で就職を考える高校生にとってとても関心の高いものです。「地元の企業のことをよく知っている」といえ


どう関わる?こどもの就職活動 家庭でできる「自分らしさ」発見サポート

「高校を卒業したら就職する」と決めたお子さん、あるいは「就職しようか迷っている」お子さんに対しどのように接していらっしゃいますか?高校生の就職活動は短期決戦


不安とギャップを減らす! 高卒向け採用サイト、必須コンテンツTOP3

2018年3月の高卒新卒採用の求人倍率は2.08倍と25年ぶりの高水準を記録。一方、就職を希望する高校生の数は前年より2.6%減少しており、企業にとっては採


「よい職場」は大切な「居場所」に 。若者の充実感と「居場所の数」の関係

「居場所」の意味 お子さんがほっとできる「居場所」について考えたことはありますか?そんな風にあらためて問われると、心配になる方もいらっしゃるのではないでし